最近のトラックバック

携帯・デジカメ

2017年2月21日 (火)

長男に与えたスマホで起きた波乱数件。

最近は幼稚園児でもスマートフォンを持っていたりもしますが、うちは高校からということにしてます。中2からタブレットPCは与えていたのですけども。通話に関することができないだけで、ケータイゲームはやりまくっていたようです。

高校に合格したから、まだ卒業式前ですが、気持ちよくスマホを買いました。僕らは1ヶ月使ってもデータ量は2GB未満ですが、動画も見れるように6GBのプランにしました。でも、動画はなるべくWi-Fiで観ないと、6GBぐらいすぐ使い切ってしまいますよと教え、Wi-Fiの使い方も教えたのに、毎日家にいるだけで600MBぐらいずつ使ってます。

おかしいと思って調べてみると、安定受信とかでWi-FiとLTEを併用していました。なんという馬鹿げた機能でしょうか。即OFFしました。

これで安心と思っていたら、「パターンロックのパターンを替えすぎてわからなくなった」と言います。「パターンを忘れてしまったら」みたいな救済手段(パスワード入力でOK)も、このごろの機種にはないらしいです。ロックされてしまうと、もうどうしようもない。

メーカー持込でロック解除(有償)もできるらしいですが、Googleアカウントがあれば遠隔操作で初期化できるとのこと。しょうがないからそれで初期化しました。「もう二度とパターンロックは使わない」と本人は反省しています。

最初は気合を入れて何じゃかんじゃ設定(ペアレンタルロックやコントロールみたいな)しましたが、もう1回するのは面倒くさくなって、現在完全開放状態です。どうせロックしても、Android端末の場合自分で解除できるらしいし、PS3のペアレンタルコントロールも、勝手に「ゲストアカウント」を作って無意味にしてますし。

2017年2月15日 (水)

高校合格の長男用に携帯電話を買いました。

僕のほとんど使っていないauのXperiaZ5をあげようかと密かに思っていましたが、なんとなくBIGLOBEにしました。よそがデータ通信5GBプランなのが6GBなのと、キャッシュバックがあるというので。

端末は、長男がiPhoneはいらない(Androidがいい)と言うのと、Nintendo DS並みではないにせよ、防塵防水で丈夫そうなArrows M03にしました。あんまり興味がないから知りませんでしたが、専用アクセサリーがいっぱいあるんですね。

契約してからこれも知りましたが、500円ほど払ったら「エンタメフリーオプション」という動画サイトを通信料を気にすることなく観ることができるオプションがあるようです。もちろん、こんなものを契約したら、受験生のときからずっとストーブの前で寝転がってYouTubeを見ていた長男が、外出先でもずっと視聴を続けて洗脳されてしまうので、とりあえず「なし」です。というか、6GBの制限をうまく使う工夫を覚えてほしい。

docomo回線だからバッチリつながるし、良さげだったら僕もauから替えたいところですが、そのままSIMを差し替えても使えないから機種変更しなければなりませんね。

2016年11月 3日 (木)

ドコモケータイ P-01H

仕事用(会社貸与)携帯電話を8年前にdocomoからauにしてもらったのは、当時auが一番どこでもつながったからでした。僕は普段病院敷地内にいて、しかもその病院は国立施設で、建物が国立仕様の頑丈鉄筋コンクリートだからなのか、単に国立施設で携帯電話のアンテナ圏内から遠いからなのか、単に携帯電話使用者が過密状態だからなのか、とにかくdocomoが圏外なのにauはアンテナ3本ということが多々ありました。ちなみに当時、ソフトバンクは論外でした。

あれから徐々にdocomoのほうがつながり易いんだろうなと思うような状況になり(うちの他の社員の電話機はずっとdocomo)、先日に至ってはauもdocomoも圏外のところでソフトバンクユーザーが通信しているのを見て、「これは替えどきだ」と確信しました。ちょうど2年縛りの更新月だし。

毎月僕個人だけで6,500円(つながらないガラケーに)をauに払っていることはわかっていて、もっと料金プランを見直すとかしてくれと、本社営業部次長でもあることだし、経費削減を訴えていましたが、社内に3人だけのauユーザーの声は通りません。個人的には、一番つながるソフトバンク系のYmobileにしたかったのですが、法人契約のまとめ割引みたいなので、かけ放題と通信毎月(社内で)○GB分け放題で3,000円ぐらいだというから、docomoで妥協しました。

docomoはフィーチャーホンのVoLTE化に遅れをとっており、うるさいことを言わなかったら、最新型のVoLTE対応じゃないFOMAモデルが手元に届きました。昔の国鉄車両みたいなごつごつ機械っぽい感触(「ダークメタル」という、Panasonic機に昔からあるSLみたいな色のせいかも)と、何とも無味乾燥な液晶表示(フォントも絵文字も)に「ああdodomoだ」と言うか、ずっとPユーザーだったからなんとなく懐かしい思いもありましたが、いまどきメール機能などはどうでもよくて、要は快適に通話ができればいいので問題ないことにします。

通話品質は、VoLTEではないのにVoLTEにより近い感じ。電波のせいなのか最新の技術のおかげなのか前のau携帯が劣化しただけだったのかはわかりませんが、たいへん助かります。「もしかしたらまた難聴が悪くなったのか?」と気分が沈みがちだったのが、杞憂だとわかりました。

2014年4月11日 (金)

カメラ撮影

卒業式や入学式、運動会や観光地で一眼レフカメラを振り回す人が多いですが、半分ぐらいの人に対して、「あなたにはコンパクトカメラでもいいでしょう?」と思ってしまいます。僕はあんな馬鹿デカいものを振り回すのは面倒くさいし、水・埃・カビに気を使わないといけないし、とにかく最高に面倒だから絶対コンパクトカメラ(しかも防水・防塵・耐衝撃のもの)しか使いません。

たいていの「あなたはコンパクトカメラでいいでしょう?」の人は、まずカメラの構え方がどうしようもありません。ホールドというやつですね。両手で持っているならまだいいほうで、あの重たい一眼レフを片手で持ってまともな写真が撮れるわけがないでしょう。カメラが賢くなって、片手でも派手に手ブレしないかもしれないけど、写真撮影を片手でするなんて論外。両手で持っていても、脇があいているし、左手が変なところを持っているし、もう見ていて「あんたには猫に小判」としか言いようがございません。

2013年6月20日 (木)

JVC Everio GZ-E265

うちの子供たちが通う小学校の運動会は例年秋にありますが、体育館の工事の都合で今年は6月になりました。それはどうでもいいのですが、直前になって「長男は6年生だから、今年が小学校最後の運動会だ!」ということに気がつき、「うちのビデオカメラは長男が生まれたときに買ったDVカメラで、望遠が光学10倍しかないのが毎年不満だったし、TVがハイビジョンになったからなんとかしなければ!」と思い、金曜日の朝(運動会は日曜日)になってあわてて発注したのがこれ。家電量販店の店頭価格で同等品が3万円以上しますが、Amazonで18,800円でした。

発注してから「付属の充電池での撮影時間は約1時間」であることに気がつき、予備のバッテリーを買おうと思っても到着は日曜日になるというし、量販店の値段は高すぎてバカらしいし、当日の節電で乗り切る作戦に。

結果、自分の子供だけを撮影するなら撮影時間は30分程度だったので、余裕でした。USBからも充電できると、モバイルバッテリーを持っている人には、もっと便利だと思います。しかしながら、内蔵メモリーが32GBもあって、最高画質で2時間40分撮影できるなら、その間バッテリー交換しなくていいだけの容量を持たせるべきではないかと、ちょっとだけ思いました。ちなみに純正アクセサリーの定価16,800円のバッテリーなら2時間55分撮影できるそうです。

ビデオカメラとしての使い勝手は、僕が普段使っているデジタルコンパクトカメラ(オリンパス TG-610)より軽いのがいいです。ボタン類の操作性は、慣れていないせいだと思いますが、いまいち。ボディがコンパクトだからしょうがないとは思いますが、しっかりホールドしながらのズーム操作や撮影の開始/終了操作は、よっぽど手が小さい人か関節が柔らかい人でないとかなり難しい。液晶画面のタッチレスポンスもいまいち。おかげで、撮影予定プログラム1番・次男の徒競走の撮影ができていませんでした(撮影開始ボタンがちゃんと押せていなかったみたいです)。

光学40倍ズーム目的で買ったようなものですが、やっぱり三脚があったほうがいいと思いました。手持ちで撮影すると、手振れ補正しても画像が揺れて、大画面ハイビジョンTVで観ると、敏感な人なら酔うかもしれません。そんなにズームしないで20倍未満で撮ると、手振れ補正もまあまあ効いています。

2012年4月19日 (木)

URBANO AFFARE

P_angle_02
会社貸与の携帯電話を、長らく(3年以上)使用して昨日に問題はないけど外見がボロボロのW61Tではお客様に「換えてもらったら?」と同情されてしまうので、個人的に持っていた(ほとんど使っていない)Sportio waterbeatに先月「増設」したところですが、会社の役員がそれに触発されたか、あるいは携帯電話の更新を長らく忘れていたことを思い出したか、「全員の電話を換える」と言い出しました。

うちの会社はdocomo使用者が多数なので、まずdocomoチームが全員“F-11C”に。通話品質重視の僕たちauチームは役職者2名(僕が課長でもう1人が課長代理)ということで、「好きな機種にせい」というので、僕はT007を希望したのですが、すでに在庫切れ。折りたたみはもうやめたかったのですが、G11もないというし(希望する理由は、「高性能だからではなく、毎月割などで実質負担額が0円に近いもの)、総務担当に「Bluetoothさえついていたら、もうなんでもいいです」と任せていたら、緑色の“URBANO AFFARE”になりました。在庫を探せば、G'z One type-Xとかもっと安い機種があるはずなんですけどね。まあボンクラ社員にその能力はなく、auショップも「探すのが面倒だから在庫があるものを」ということでしょう。

そんなわけであまり嬉しくなかったのですが、これがなかなかいい電話です。まず待ち受け画面にアナログ時計が2個と電池残量の%表示メーターがあるのがいいです。特に残量が細かくわかるのが助かります。満充電するとリチウムイオン電池は劣化しますから、充電を80~90%でやめたいときに便利ですし、充電開始のタイミングもわかりやすい。時計が2個というのは、日本と海外都市時間との同時表示で、海外にご縁がない僕には無用の長物ですが、意味もなく「カトマンズ」にして楽しんでいます。

薄いのも胸ポケットに入れたとき邪魔にならないのでいいです。にもかかわらず持ったときの重心の感じやグリップ感がいいです。docomoのSO503isの握りやすさに憧れてSO504iを買ったけどイマイチだった(グリップの形が変わったのと、重心が画面側に移ったため)という記憶がありますが、当時のほかの機種に対するSO503isに匹敵する気持ちよさ(SO503isと同じではないけど、いまある機種の中ではピカイチ)だと思います。

思いがけず写真がきれいそうです。携帯電話の写真はメモぐらいにしかならないと思っており、常にコンパクトデジタルカメラを携帯していますが、FACE BOOK用の写真ならこれできれいに撮れそうですね。

残念なのは、着信音がどれもイマイチ。もっと普通の音があってもいいのでは? 昼間はほとんどマナーモードにしっぱなしですが、夜はパッと目が覚められる音でないとダメなので。これからゆっくり探すことにします。

2012年2月22日 (水)

T007(au)

会社から支給されたのとは別の個人用携帯電話として“Sportio water beat”というスマートフォンみたいなタッチパネル式携帯電話を使い始めたが2009年12月で、事実上Honda FIT RS(6MT)のインターナビデータ通信用なので、ほとんど新品状態でしたが、T007に変えました。理由は単純で、「ガラケー」がなくなりそうだから。auの最新モデルはとうとうスマートフォンだけになってしまいました。

スマートフォンでは、Hondaが提供する「インターナビ・リンク」に接続できません。会員のみに提供される渋滞情報などを得るためには、携帯電話に頼らないシステムの導入(専用通信機器もしくは対応ナビシステム搭載車両の購入)をしなければなりません。それはいくらなんでも高コスト過ぎで現実的ではありません。

Bluetooth対応携帯電話は、携帯電話店の片隅でまだ売られていますが、いわゆる「簡単携帯」っぽいものばかり。どうせなら高性能なものがほしいし、今がそのラストチャンスのような気がします。実際、T007の在庫を見つけるために10店舗ほど回りました。通販で買ったほうが安くて探す手間が減るとも思いましたが、それは次回(いよいよ次はスマートフォンでしょう)の課題にしたいと思います。

配偶者がT006を使っていて、T007はその男性版みたいなものですから、いいところと悪いところはわかっています。高性能だからなんとなく電池のスタミナが足りなさそう(配偶者は毎日充電しています)だとうすうす気がついていましたが、僕の使用方法(事実上常に待ち受け状態)ではまあ大丈夫そう。充電器を使うのは、2日に1回ぐらい(リチウムイオン電池の特性を鑑み、満充電にはせず、30~60分充電)でしょうか。ちなみにSportio water beatは3~4日に1回でした。予備の電池を買うかどうかは、もう少し様子を見たいと思います。

ほぼ新品状態のSportio water beatは、予備にするのももったいないので、会社支給の4年目携帯(W61T)の後継として、仕事用に使うことにしました。そしてW61T(予備電池2本あり)を予備機としてカバンに入れてます。僕が行っている病院は、auでもアンテナ1本になることがあるような電波砂漠(ソフトバンクは当然、docomoでも敷地内はほとんど圏外)で電池の消耗がとても激しいので、予備がたくさんあるというのは大変心強いです。

2011年10月 1日 (土)

OLYMPUS TG-610

防水パッキンの定期交換を怠ったのが原因で、μ725SWが今年の夏休みに水没(浸水)してしまい、一時的にモニターが映らなくなりました。乾かしたらそれは直ったのですが、どうもセンサーが結露したようで、撮影した画像を拡大すると画素が滲んでいるような様子です。

防水性能が求められるのは海やプールに行く夏ですから、買い換えるのは来年にしようと思っていましたが、TG-610の後継機TG-615が発売され、型落ちしたTG-610がすごく安くなっていたので買いました。

例によって通販で買いましたが、届いた現物を見てみて、μ725SWとのあまりの違いにびっくり。どちらも5m防水と1.5m耐衝撃ですが、μ725SWがWWⅡのドイツかソビエト連邦の重戦車だとすれば、TG-610は陸上自衛隊90式戦車みたい。実際重さがぜんぜん違うし、金属フレームで周囲を防護したμ725SWに対し、TG-610は金属の露出部分がありません。

カメラとしては、手ブレ防止機能とか顔検出機能とかといった今どきの機能がつき、デジタル画像変換機能(アートフィルター)もついています。アートフィルターは、実際に使うことはないでしょうが、手ブレ防止機能はなかなかたいしたものだと思いました。薄暗いところで三脚とフラッシュを使わずに撮影しても、あまり気になりません。ハイビジョン画質で動画撮影もできます。64GBのSDメモリーが使えますから、長男が誕生したときに買ったビデオカメラの出番は、これで完全になくなりそうです。

2011年7月20日 (水)

Plantronics Discovery 975

日本未発売で、日本国内で使うと電波法違反になるというPalantronics Voyager 520をシャツのポケットに入れたまま洗濯してしまいました。もちろん、防水性能はないのでもうダメです。先日耳掛け部分が外れてしまい、瞬間接着剤で固定したものの、なんとなく不安定(もう半分ぐらい外れかけています)だったので、ちょうどいいタイミングと思って買い換えることに。

Bluetoothのハンズフリー機器はこれで5つ目。Plantronicsのヘッドセットは、コード付も含めて4つ目。最初のコード付はいまいち(耳にまったくフィットしない)でしたが、他社のBluetoothヘッドセットの低性能に業を煮やし、使っている人の評判がよかったExplorer320を買ってみて好印象を持ちました。これがなぜか行方不明になったので、次はノイズキャンセル付で2台同時接続できるVoyager520にし、そして今度はさらに高性能なDiscovery975と、順当にステップアップしています。本当は、今度はDiscovery925を買おうと思っていたたのですが、さらに高性能にもかかわらず値段がほぼ同じだったので、Discovery975に。デザインはあっちのほうが好きですけど。

耳掛けアームがないことに若干の不安がありましたが、ピッタリした安定感がなくて頼りないながらも、ブンブン頭を振っても外れることはありません。アームがあると耳たぶに負担が大きいので、ないほうがいいに決まっています。頼りなさにもそのうち慣れるでしょう。

Voyager520はボリュームを最大にしても聞こえづらいことがありましたが、Discovery975は大丈夫そうです。ちなみにExplorer320も大丈夫でした。それより、PlantronicsのBluetoothヘッドセットの操作方法や表示がモデルによって違うのだけは何とかならないものでしょうか。慣れの問題とはいえ、わかりにくい附属マニュアルだけではどうやれば使えるのかわかりません(同社のHPで見ることができるマニュアルを見ない限り、事実上使えない)。例えば、発信の仕方もExplorerとDiscoveryは自動(電話側の発信だけ)ですが、Voyagerは電話の発信後にヘッドセットのボタンを中押し(長押しではなく)しました。2台目との接続の仕方も、Discoveryはボタンを短く押すだけですが、Voyagerは中押し(だったと思います。実はよくわかりません。いつの間にか勝手に2台目に接続している)。そして、いったん電源を切って、また電源を入れるとき、Voyagerは後から接続したほうと接続するのですが、Discoveryは最後にBluetoothで通話したほうと接続します。ややこしい。

Discoveryの携帯ケースは充電器を兼ねていて、これは大変便利です。ストラップも附属しているので、鍵などと一緒にケースを持ち歩け、常時満充電状態に。

2010年5月 6日 (木)

地上デジタル放送(ワンセグ)って(?)

あと400日ほどで地上波のアナログTV放送が終わりますが、地上波TV放送を継続して視聴するためには、家庭だけでなくオデッセイの地デジ対応する必要があります。家では一応地デジ対応は済んでいます(チューナーつきDVDレコーダー導入済み)が、オデッセイをどうするかはまだ検討中です。

そもそも、自動車の中でTVを見る必要性があるのか。動画というか映像が見たいなら、DVDが再生できますし、現状では、ほとんどDVDのモニターとしてあの画面は使われています。緊急(災害)時にTV放送が受信できたほうがいい、という意見もありますが、携帯電話のワンセグでもいいのではないか。

オデッセイにあとどれくらい乗り続けるかも現状不明です。買い換えるときに、新車なら地デジ対応のNAVIをつけますから、オデッセイに装着する投資効果があるのかどうか。中古車を買うのなら、地デジチューナーを載せかえることもできますけど。

あと、運転中に携帯電話のワンセグ放送を、将来への調査の目的で受信していますが、受信能力の問題もあるにせよ、ちょっと郊外に行くと「受信できません」になります。「放送エリアの目安」を見ると、ずいぶんセンスがいいカバー率なんですけど、実際には山裾などはとくに映りにくい場所も多いようです。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ