最近のトラックバック

住まい・インテリア

2017年3月 7日 (火)

PanasonicのDVDレコーダーがついに寿命を迎えました。

2008年秋に購入したVHSデッキ付DVDレコーダーは、2013年夏に一度HDDが壊れて「そろそろ買い替えか?」という危機に陥りましたが、結局今まで使えていました。その前の某イオンで買ったフナイかアカイかが3年もたなかったことを考えると、8年以上使えて立派なものです。

しかも、この度壊れたのはDVDのトレーが出てこなくなったというもの。例によって分解掃除(本当は、出てこないDVDディスクの救出が主目的)してみましたが、ウンともスンともいいません。HDD容量がたった250GBだし、1回壊れそうになっているし、1チューナーで同時録画できないし、外付けHDDにも無線LANにも非対応だし、最新機種に比べるとできないことが多すぎだから、「長年ご苦労さん」とお役御免ということにしました。

これ以上Panasonic製品が家に増えることに抵抗はありましたが、信頼性が高いこととよそ(東芝やシャープやSONY)があまりに不甲斐ないことも事実だし、なにより他社製品のリモコンを見ても使いかたがさっぱりわからないので、またパナを買います。お金がないけど、できる限り高スペックを狙います。でもどうせボーナス払いだからと言って、贅沢はしません。

2017年2月 8日 (水)

Qahwaコーヒータンブラー

近所の雑貨店で買った、おそらくスターバックスのタンブラーと同じだと思われるやつがあっという間に壊れたので、もともとこれをみてタンブラーを買おうと思ったQahwaのものを買いました。ボトルとタンブラーがありますが、タイガーの水筒(つまりボトル)を持っていて、保温性能が高すぎてなかなか飲めない(猫舌だから)のと、タイガーと違って片手で開けられないのでタンブラーにしました。

いちおう蓋がついていますが、傾けるとジャジャ漏れします。車の中で加減速や左右のGでこぼれないぐらいの機能しかありません。というか、それでじゅうぶん。マクドナルドのドリンクだってそうだから。

保温能力は、ちょうどいいぐらいです。朝淹れて、14時ぐらいでも温かいです。淹れてすぐでもちょうどよくぬるくなっていて、そのまま温度がゆっくり下がる感じです。ぬるいコーヒーが嫌な人にはダメでしょうが、個人的には満足です。

「香りを楽しむ」という「アロマホール」の効用は、正直言って「?」です。コーヒーの香りの前に、蓋の樹脂のにおいがする気がします。「鼻に当たらないように凹んでいる」というのは、欧米人みたいだといわれる僕の巨鼻でもまったく当たりません。これは自然な姿勢で飲めてたいへん具合がいいし、こぼして胸元を汚すことも減るでしょう。

問題があるとしたら、ボトルはどこでも売っているのに、タンブラーがなかなか見当たらないことと、やたらと高価なことでしょうか。タンブラーがぜんぜん見当たらないから、そんなに人気商品なのかと思いきや、たぶんジャジャ漏れするからお店がクレームを恐れて置きたがらないのではないかと、ふと思いました。あるいは、それなのに、同等品と比べてやたらと高いからか。

2016年12月15日 (木)

ガスコンロを新しくしました。

「魚焼きグリルの天井に穴が開いて魚が上手く焼けない気がする」と配偶者が言うので、コンロを新しくしました。うちは賃貸住宅なのでビルトインコンロではなく、自分で好きに交換できます。「どうせ買うならガラストップの自動調理機能付にすればいい」というのは男の発想で、配偶者は一番ベーシックな「汁受け皿なし・普通のフッ素コート・水なし片面焼グリル」を選びました。現状からは「火力調節がスライド式」「汁受け皿なし」と「水なしグリル」がグレードアップポイントです。

個人的には、炒め物をするときに火力が向上しているような気がしました。汁受け皿がないので、大量に煮こぼれしたときに被害が拡大しそうな気がしましたが、もしかしたら派手にこぼれないようにSiセンサーが働いてくれるかもしれません。極弱火でも消えないというのも便利だと思いました。

逆に、センサー付なので炭の火起こしができなくなりました。これから七輪を使うときには、マッチ炭を買わねばならないようです。

2016年10月23日 (日)

木曽檜 曲げわっぱ弁当箱(小判型)

Bb00401 なんだか流行っているらしい「曲げわっぱ弁当箱」を買ってみました。どうせ買うならアジア製ではない日本製で、個人的な趣味で白木ではなく漆器にしました。白木だと濡らしてから使わなければならないのに、使わないときは乾燥させないといけないというのが、「どうせ~っちゅうねん」なので。漆器なら、漆にそもそも抗菌作用があるし、使わないときにしっかり乾かしても乾きすぎず、使うときも濡らさずそのまま使えます。

曲げわっぱではなく、くりぬきの漆器でもよさそうですが、なんとなく雰囲気というか、軽いような気がするのと、やっぱり流行っているのと、大学生のころから一度は使ってみたいと憧れていたので。

炊飯器から炊きたてご飯を入れると、熱で寿命を縮める(割れてしまう)らしいので、一度お皿に入れて粗熱をとる必要があります。同じ理由で、食洗機もダメです。というか、手に持っただけで、食洗機に入れようとは思わない繊細な感じがしますから、これを食洗機に入れるような人は、簡単に他人を傷つけてしまうデリカシーのない人のような気がします。

ご飯の余分な湿気を逃がして、べとつかない美味しいご飯が食べられるというのは、確かにそうなんですけれども、でも入れる前に粗熱をとって、表面がパリパリになってから入れたから、「どうなのかな?」とも思いました。まあ、ちょうどいい水分を保つということなんでしょう。おひつと同じ機序です。

いままで使っていた、子どもたちが幼稚園で使っていた弁当箱が、2段で600mlだったのですりきり600mLの中サイズを買いましたが、個人的には思ったより大きかったです。480mLの小サイズでよかったかもしれません。

2015年9月 7日 (月)

こがまる(リンナイ)

Img_20150905_21110910年間使った電気炊飯器に不満があると配偶者が言うので、前から気になっていたガス炊飯器を買いました。ガス炊飯器は、ジャー機能が旧態依然だということでさっぱり売れないし、売れないから改良もされないという悪循環があるみたいですが、脱電化の流れに乗って、近年改良品も発売になってます。

わが家は炊いたご飯を保温しないので、ジャー機能はどうでもいいです。炊飯単機能製品なら1万円台で買えますが、タイマーがあったほうがいいということで、3万円弱しました。タイマー付きはガス管が専用品になり、ソケットも違うから高くなるみたいです。といっても、ありえない値段が横行する高級電気炊飯器よりはウンと安いですが。

IHだとか圧力だとか高熱伝導だとか遠赤外線がどうだとかどうやったら消費者の財布のヒモが緩くなるか知恵を絞っているように見えてしまう電気釜が、逆立ちしても敵わないのがガスの火力。ガスコンロで鍋で炊飯するより、囲いがあるガス炊飯器のほうが熱効率もいいはず。

炊いたご飯は、びっくりするほど美味しいということはありませんでしたが、噛んだときの米粒の感覚が違います。上手に炊いた飯盒ご飯のような、もっちりした弾力があります。火は偉大だと思いました。

2015年6月 7日 (日)

天童木工のロッキングチェア(S-5226WB-ST)

実家に、僕が生まれてまもなくからある揺り椅子がまだ存在していて、何しろ40年物ですから底が抜けかけているというか、表貼りだけがまさに皮一枚みたいに座面を構成している、大人が座るとちょっと怖いかもという状態のものですが、次男が「おじいちゃん家の揺り椅子がほしいなあ」と言います。

「あんな底抜け」と思いつつ、ちょっと調べてみたら、1966年発売でいまでも新品で買える天童木工製のものでした。座面の材質で値段が変わり、1番安いビニール張りでも88,560円します。しかしながら、僕は昨年売価6万円ぐらいの3人がけのソファを買いましたが、すでにクッションがヘタリかけています。天童木工のソファは売価20万円以上しますが、たぶん揺り椅子と同じように40年間使えると仮定すると、6万円のソファを40年間で4回買うより安い。

というわけで、これから椅子の類は天童木工で買うことにしました。

2014年12月14日 (日)

KX-PD603D(Panasonic)

15年近く使っていた自宅のFAX電話機のFAXの調子が悪くなったので、買い換えることにしました。電話機としてはじゅうぶん使えるというか、固定電話なんて限られた相手としか使わないのでこのままでもいいのですが、ネット環境をいまだに構築していない人との連絡に、(配偶者が)FAXを使う必要があるから。

スキャナーもあるし、PCから相手のFAXに送るかこちらのPCに送ってもらえばいいとも思いつつ、専用機なら頭をひねらなくてもシンプルに使えるという判断です。何でもPCを使うことに抵抗もあります。

たぶん、最新型だから、通話品質もよさ気。通話にはほとんど使いませんが、15年物はたいへん通話品質がよくありませんでした。宇宙人と話しているみたいだったので、これでずいぶん助かると思います。

2014年12月10日 (水)

Panasonic TH-24A300

古いブラウン管TV(25型)が寝室にあり、地上デジタルチューナー(フルセグ)付DVDプレイヤーがつないであるので、地上波放送を観ようと思えば観られる状態でした。しかしながら縦横比が3:4だから、実質22型相当のうえに画質が640×480で、もはや買換えどきだと判断し、なんとなくPanasonicのA300シリーズにしました。

注文してから、リビングのプラズマを買うときにPanasonicの液晶画質がイマイチきれいじゃなかったことを思い出し、家電量販店に実物を確認しに行ったら、東芝(23型)とは同等としても、SHARP(24型)よりは落ち着いていて、自分の選択に間違いがなかったと安心しました。

ハードディスク録画対応ですが、録画してもよそでは観られないなら不要。LANにつなげますが、「最新の内蔵ソフトウェアを更新」しなくていいし「デジタルマニュアルを見たり」もしないと思うので、これも放置。シンプルにDVDプレイヤーだけつなぎました。

子どもたちも大きくなり、TVのチャンネル争奪戦が年末年始予想されますが、避雷針になればと思っています。大人は携帯電話のワンセグでも観ます。

2014年8月12日 (火)

NP-TM7(Panasonic)

SHARPの食洗機を10年以上使っていましたが、調子が悪くなったので買い替えました。一時期は憧れの家電といわれておりましたが、使い方にコツが必要ということもあり、もはやビルトイン式以外の食洗機はPanasonicしか販売していないです。

例によって、店頭で8万円ぐらいするところを通販で5万円弱で購入しました。10年のあいだで食洗機が進歩したと思われるところは、音が静かになったことと、ありえないぐらい水を少量しか使わないこと。退化というか、SHARPのほうが良かったところは、洗浄時間が短いこと。Panasonicはやたらと時間がかかるので、1番短時間で洗うモードで使っています。それでもきれいになるから問題ありません。

しかしながら、あの省水さを見ると、手洗いなんか馬鹿らしくてできません。メーカーのスペックでは標準仕様水量は11Lとなっていますが、たぶん洗って3回すすいでも3Lぐらいしか使っていない気がします。

2014年6月23日 (月)

キッチンハイター

いい加減な性格なので、月曜日の朝出勤前に「そういえば水筒を洗ってないな」と思いだし、水筒のふたを開けると、見事に中身が腐乱しています。おおむね毎週の出来ごとです。

これまでは、水と洗剤で洗っていましたが、どうもだんだんお茶がまずくなってきたので、思い立ってキッチンハイターを入れてみました。次亜塩素酸ナトリウムの台所用漂白剤です。除菌剤でもあります。プールの臭いのもとです。

正しい使用量は、水5リットルに対して5mlぐらいに薄める(おおむね1000倍)らしいですが、30分つけ置く場合なので、そんな悠長なことはしていられないから、だいたい50倍ぐらいにしました。入れて、振ります。寝かせたりひっくり返したりして、満遍なく液を行き渡らせます。そしてきれいに水ですすいだら、なんともいえない臭いから、すっきりプールの臭いになりました。
実はもったいないから、液をそのまま流しに流さず、愛用のホーローマグカップに入れてみたのですが、みるみる茶渋というかコーヒー渋が漂白されて新品のときのような真っ白に。恐ろしい薬品です。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ