最近のトラックバック

グルメ・クッキング

2017年7月26日 (水)

珉珉 曽根崎店

前職の上司の私設「日本酒の会」のメンバーに昨年から入っていて、メンバーといっても僕を入れて3人ですが、その今年初会合がありました。東梅田の「焼鳥と日本酒 立呑み たに 梅田お初天神店」に19時までに入店すると頼める、ハッピーアワーみたいな「1,000円で日本酒3杯とアテ3種類盛」を注文し、追加でなんじゃかんじゃ軽く食べて出たあと、まだ帰るには早いしとおなかを膨らませるために行ったのが、珉珉。主催者が「たに」でちょっと麻婆豆腐が気になったから、というのが理由のようです。

飲み物は瓶ビール、食事に麻婆豆腐とピータンを頼んだのに、餃子を頼まないから「餃子は?」と主催者に聞くと、明日仕事だから遠慮するとのこと。僕はそんなの気にしないから、餃子を頼みました。ここの店員さんは、どうも全員完璧な中国人のようで、5~6人ぐらい店の隅で待機しているのですが、その立ち姿が絶対日本人じゃない。口で説明するより、実際に見てください。要するに、ものすごく態度が悪くてびっくりします。

主催者が壁のメニューから「豚足煮込みがあるのか」と注文したのを、ちょっともらったら、これが想像以上のお味です。これを645円で出しているのはすごい。餃子よりこれ目当てで通ってしまいそうなぐらい。

餃子は、心なしかアベノより京橋より美味しい気がしました。皮の弾力が違う感じ。アベノも京橋もすぐ破れたり合わせ目がはがれてしまうのですが、1つ1つをプルンプルンのまま食べられます。水餃子もありますが、これはどこにでもありそうな普通さでした。やっぱり珉珉は、薄皮の焼餃子でないと。

なんだかんだで焼ビーフンやらから揚げなんかも食べて、ビールを3人で10本ぐらい飲んで、そのうち僕ひとりで4~5本は飲んでいるから、ものすごくお腹が膨れました。どうやって家まで帰ったのか、そんなに酔ってはいないけど、気持ちが悪くてあまり覚えていません。特にこの暑い季節、ビールは2本までにしないと、脱水がすすんで良くないと思いました。

2017年7月21日 (金)

珉珉 京橋店

お昼ごはんを食べようと、日替わりランチを食べるつもりで京橋の珉珉に行きました。酢豚定食に餃子追加かな? と思いながらも、白ご飯は食べたくない気がしたので、さてどうしたものかと思っていると、隣の立て看板に「お得な定番ビールセット」なるものが。餃子1人前と生ビール1杯に料理長特製おつまみ盛り合わせがついて900円。単品で頼むと、生ビール450円と餃子1人前315円の765円だから、135円プラスで料理長特製おつまみがつくことになります。

でもランチに900円はな~と思っていたら、その下に「料理長特製おつまみ盛り合わせ」を「枝豆」にした665円のセットの写真が。単品で餃子と生ビールを頼むより100円安いのに枝豆がついています。これでしょう。

店に入り、ご注文はお決まりですか? と珍しく日本人ばかりの店員さんの1人に聞かれたので、「枝豆と餃子の~」と言いかけると、さっと壁の写真を示しながら「ビールセットですね」。それくださいと言うと、ビールはアサヒとサッポロのどちらにしますかと言うので、サッポロでと答えると、ちょっと残念そうでした。たぶん、注ぐときのお作法がサッポロのほうが面倒なんでしょう。店の内外にあちこち「SAPPORO」と宣伝している割には、店員の態度が悪いなと思いましたが、従業員的にはそりゃそうなんでしょう。

ビールはすぐ出てきました。ちゃんと正しいお作法で入れたみたいで、泡がきれいです。アサヒ(つまりスーパードライ)じゃこうはいきません。枝豆がなかなか出てこないので、泡が消えないかヒヤヒヤしましたが、ちゃんと入れたビールだから大丈夫でした。枝豆も通し茹でみたいで、熱々ですぐは食べられないぐらい。それをつまみながら餃子を待ちますが、これまたなかなか出てきません。ビールが残り半分を切ったころにようやく餃子のお出ましです。1人前7個の餃子を2個食べたところでビールをおかわりしたくなりましたが、ここでもう1杯飲んだらもう止まらなくなる(飲んだくれモードON。京橋ではしご酒)と思って我慢。

しかし、いつも思いますが、この餃子は珉珉でしか食べられません。僕は餃子の皮も好きでこだわるのですが、本当はこういう薄皮は好きじゃないのに、具がジューシーだから皮がワンタンみたいにプルプルなので、珉珉に限ってはこの手の皮はマイナスどころかプラス要素。肉にマトンが入っているから、これまたよそにはない味わいがあります。許されるなら、4人前ぐらい食べて、ビールも2杯ぐらい飲ませてほしい。それだけで2,000円オーバーコースです。安い焼肉食べ飲み放題に行けます。なんという、贅沢なんでしょう。

2017年7月15日 (土)

京都土産

京都に行ったから、何かお土産をと配偶者が言うので、和久傳の「西湖」を買おうと思ったのですが、何しろ日持ちがしません(製造日を含めて4日)。1週間後に実家に帰るときに持っていくためなので、日持ちがするものを探すと、すはまだんごか八ツ橋か茶だんごぐらい。しょうがないから、大阪でも買えるのですが、お漬物と八ツ橋を買いました。

八ツ橋は自分たち用にも買って、僕は焼いてあるもの、配偶者と長男は生八ツ橋(ニッキと抹茶)、次男はあんこが入っていないと食べられないので、あんこ入り。

みんなそれぞれ、ヒヒヒヒヒ、ウマウマと笑いながら、好みの八ツ橋を食べました。ちなみに全部聖護院八ツ橋総本店のものです。いちばんシナモン味がするから。

2017年7月13日 (木)

マイクポップコーン 九州しょうゆ味(ジャパンフリトレー)

バターしょうゆ味をいつも食べていますが、九州しょうゆ味があったので買ってみました。甘い九州しょうゆ味だけでも美味しそうですが、鶏だしの旨味もプラスされているそうで期待が持てます。

タカラ焼酎ハイボールを売っていなかったので、あまり好きじゃないのですが、サントリーのストロングゼロ・ドライを飲みながら食べてみました。タカラ焼酎ハイボールの「ドライ」は、実は他の「レモン」などより甘いのですが、麦茶ぐらいの優しい甘さなので、個人的に好きです。ストロングゼロ・ドライは、原料にレモン・グレープフルーツ・ライムを使っているせいなのか、他のはっきり「レモン」などと書いてあるものよりは甘くないとはいえ、甘く感じます。

だから、味覚がちょっとずれているかもしれませんが、ポップコーンは美味しいと思いました。定番のバターしょうゆ味もいいけど、たまにはこれも食べてみたいね、ぐらい。いつもこれだと飽きそうですが、濃厚な九州しょうゆ味プラス鶏だしのパンチ力を感じました。僕は「九州しょうゆ」は好きだけど、「九州しょうゆ味」のお菓子(ポテトチップスなど)で感心したことはなかったのですが、これはいいと思いました。

2017年7月10日 (月)

スープ&フォー

グルテンフリーが流行っているらしくて、いろいろなメーカーからフォーが出てます。ビーフンじゃなくてフォーなのは、なんとなくイメージ的な問題のような気がします。あるいは、パクチーが流行っているからかも。

フォーがベトナムの食べ物だから、「スープ」の部分もベトナム風のものがついてきます。トムヤムとかグリーンカレーとか。いずれもパクチー味がします。どれもこれも乾燥パクチーだから、臭くはないです。

とりあえず、イオンのPVとひかり味噌のものを食べました。どちらもきっと麺は同じところのもの。値段が、10食で400円と8食で400円と差があり、イオンのほうが安い。けど、「白湯」「かきたま」などスープがチープだからまあしょうがない。

グルテンが食欲を増進させるという意見は、なるほどと思わないでもないですが、本当かな?とも思います。麺として、米粉の麺は小麦粉の麺より食感が悪いから、食欲が減退するというほうが影響しているような気が個人的にはします。噛むから、満足度は高いのですが。

2017年7月 8日 (土)

ガトー・ラ・フォセット②(奈良県生駒市)

長男のお誕生日のケーキを買いに行きました。こじんまりとしたお店で、種類がやや少ないのがいつも残念ですが、もう10年近くも辺境の地でこのスタイルを続けておられるのは、強い支持があるからだと思います。僕が行ったときも、お支払い中の先客に「いつもたくさんお買い上げありがとうございます」と言っていたから。「こいつが買い漁ったから、僕の分が減ったんだな?」と思いましたが、この先客さんは汚いスズキアルトに乗っているみたいだから、意地悪はしないことにしました。

ケースにあった全5種類(チョコ2種・チーズ2種とショートケーキ)を買いました。この店のチーズ系は初めて食べますが、ホールで売っているのも納得の美味しさ。自信作なんでしょうね。チーズケーキは、一般に甘いものが嫌いな人がお付き合いで食べるケーキというイメージですが、「蒸しチーズケーキ」は、その方向で正しく進化したような味。つまり、甘さより酸味が強いというのが本来のチーズケーキの立ち位置ですが、酸味がチーズ由来と柑橘由来できっちりバランスできていて、さらにそれに合わせたさわやかな甘み(おそらくアプリコットジャムをトップに塗ってある)があるというイメージ。

生駒市は奈良県ではお洒落で収入に余裕がある人がたくさん住んでおり、人気のケーキ店がたくさんありますが、このお店は僕の中でのケーキ店ランキング暫定2位です(1位は大阪の富田林)。でも、今度1位の店に行ってみた結果次第では、1位になるかもと思いました。

2017年7月 6日 (木)

炭火焼きとリ(ファミリーマート)

新発売記念で通常1本税込128円のところをTカード会員には20円引きで売っていたので、買いました。タレと塩の「モモ」と「かわ」がありますが、僕も子どもたちも「かわ」しか食べないので、僕を含めた家族全員分の「かわタレ」と、子どもたち用に「かわ塩」を買いました。

アメリカンドッグ用みたいな太い串にぎっちり刺さっていて、スーパーの惣菜売場なら「ビッグ焼鳥150円」みたいなボリュームです。通常価格の128円でもお買い得感があります。

焼鳥の「かわ」という食べ物は、パリッと焼けていたほうがいいとされますが、皮の「くにゃっ」としたコラーゲン感も個人的には好きなので、つまり「かわ」ならたいてい好感を持つのですが、この焼鳥は「くにゃっ」のほうでした。タレの味もまあまあ。品質劣化を防ぐため、常温展示になったようで、「温めますか?」と店員さんに聞かれましたが、確かに温めてもらったほうがより美味しいと思います。というか、なんとなく生温かかったから、常温で置いてあることは後で知りました。

2017年6月28日 (水)

ウラキャラコーン(東ハト)

静岡旅行で食べたキャラメルコーンが美味しかったから、レギュラーサイズを買って心ゆくまで楽しもうとお店に行ったら、新製品らしい「ウラキャラコーン」というのを売っていました。「濃厚チーズ味」と「濃厚ガーリック味」がありますが、とりあえず外れがなさそうなチーズ味を購入。

関東では終売だという「カール」の受け皿(関東にだって、カール好きはいるはず)なんだろうか? と思いつつ食べてみると、カールとは違う食べ物でした。カールより口解けはいいですが、キャラメルコーンほどではない。味も、チーズ味とコーン味のバランスがカールに負けているように思いました。2割ぐらい食べて、もう無理だと思って断念。甘~い甘いデコポンチューハイを飲みながら食べたのが敗因かもしれません。

日を改めて買った濃厚ガーリック味は、牛肉の味がするというのでビールと一緒に食べてみると、こちらのほうがまだ食べられる味。でも、1袋完食は無理でした。体調が万全ではなくて、ずっと消化器系がすっきりしないから条件は悪いですが、序列的には、うまい棒と同列ぐらいの味だと思います。

2017年6月27日 (火)

キャラメルコーン(東ハト)

1971年発売のロングセラースナック菓子ですが、僕は長らくあまり好きではありませんでした。父方の祖父が大好き(というか、父を含めて甘い菓子が何でも好きな家系)で、よく「お前も食べろ」と無理やり食べさせられてよけい嫌いになったような気がします。今でいう塩キャラメル味が、子どものころ好きになれなかったのだと思います。「プリンだよ」といわれて茶碗蒸しを食べさせられるような、「何で塩味がするんだよ」という怒り。

先日の静岡旅行で、配られたお菓子(おつまみ)詰め合わせにキャラメルコーンが入っていました。「最後に食べたのは大学生のころだろうか?」と思いつつ、「キャラメルペーストでおいしさアップ」と袋に書いてあって、「今までキャラメル使ってなかったのか?」と呆れた思いがしてしまいました。

味は、正直言って子どものころの記憶と大差ありません。塩キャラメル味ですが、もう僕は44歳の大人。こういう味が理解できる大人になりました。これは実に美味い。かりんとうみたいに甘すぎず、深い味わいもあるし、カールみたいに歯にひっつかず口解けも抜群。おじいちゃんが大好きだったわけだと納得しました。

2017年6月25日 (日)

津の勢(堺市美原区)

記憶している限り、20年ぐらい前からあるけど、このごろは週5日間昼間だけ営業しているようです。この手のうどん店は、セルフ讃岐(風)うどんにお客を取られて、軒並み営業が苦しいようですね。最盛期の半分ぐらいしか残っていませんが、いまだに頑張っているところは応援してあげようと思っています。

久しぶり(10年ぶりぐらい)に行ってみると、なんとなく値段も上級移行しているような感じ。その中でも、内容と価格に納得できそうな「魚フライ定食(1,060円)」にしました。以前は「出し巻き定食(940円)」なんかが好きでしたが、魚が食べたかったので。本当は「お造り定食(1,530円)」にしようかと思ったのですが、さすがに1,530円はランチには贅沢だし、イマイチだったときのショックが怖いので。定食には中サイズの温かいうどん/そばとご飯がついています。

おかずには千切りキャベツがメインの生野菜サラダがついていて、テーブルに置いてある4種類のドレッシングを好みでかけられるところが素敵です。10年ぐらい前はそうじゃなかったと思います。

魚フライは、よくある冷凍の出来合いじゃなくて、仮に出来合いだったとしてもかなりランクの高いもので、居酒屋だったら「自家製魚フライ(1,200円)」とメニューに載せても良さそうな立派なもの。これ2つを出来合いじゃなさそうなタルタルソースで食べます。

そばは、関西の普通の昔からある普通の味で、まあ味噌汁の代わりです。うどんよりは歯ざわりがプツプツするから、定食にはいいかな? というぐらいの選択。一味と七味がテーブルに置いてあって、七味はかなり粉山椒が多いタイプです。たっぷり入れると、冬は体が芯から温まり、夏は気持ちよく汗がかけていいと思いました。

昼間しかやっていないのが残念で、うちの近所にあればときどき夕食(兼晩酌)に行けそうなんですが、このきびしい経営環境の中、頑張り続けられる(固定客がちゃんといそう)理由がわかると思いました。また近くに行った際には、応援しようと思います。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ