最近のトラックバック

« そこのみにて光輝く(映画) | トップページ | 引退する国鉄103系電車に乗りました。 »

2017年9月 3日 (日)

ライアの祈り(森沢明夫)

青森三部作の最後。これまで読んだ森沢明夫作品とは違う展開というか雰囲気(ありえないファンタジー風)が新境地だと思いましたが、しかしこれが終盤までかなり展開が眠い。一応、今まではダラダラながらも続けて読めていたのですが、これは途中で10回以上眠ってしまいました。個人的に、ファンタジー物に適性がないとはいえ本当に眠い話で、何度も途中放棄しようかと思いましたが、せっかくの三部作の最後だからと我慢して読んでみたら、結局最後はいつものパターン(いい話だけど、何か薄っぺらい)に戻ったように思いました。

三部作の中では、2つ目の「青森ドロップキッカーズ」が一番マシかと思いました。次が1つ目の「津軽百年食堂」かこの「ライアの祈り」かで迷うところですが、同点2位にします。「津軽~」は津軽蕎麦というおいしそうなメニューが登場するところで点を稼ぎますが、「ライア~」も最後の展開は(それまでと比較して)なかなかいいと思ったので、この二つは甲乙つけがたい。

森沢明夫を勧めてくれた人は、あと数作で全作品読破だそうですが、どうも僕は好きじゃないと言うか、映画やドラマ化されたら観ようと思う程度の好感度なので、たぶんしばらくこの人の本からは遠ざかると思います。戻るなら、また原田マハに戻ろうかと。まだ原田マハのほうが、僕の好みに合うというか、読み返そうと思います。とにかく、森沢明夫さんには緊張感と濃密感が薄い。読んだ後で、何だか損した気がするんですよね。

« そこのみにて光輝く(映画) | トップページ | 引退する国鉄103系電車に乗りました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/65731859

この記事へのトラックバック一覧です: ライアの祈り(森沢明夫):

« そこのみにて光輝く(映画) | トップページ | 引退する国鉄103系電車に乗りました。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ