最近のトラックバック

« ポテロング クレイジーソルト味(森永製菓) | トップページ | 皆月(映画) »

2017年9月22日 (金)

忘れないと誓ったぼくがいた(映画)

「数時間すると他人に存在を忘れられる」というありえない設定を受け入れるなら、早見あかりがそういう気の毒な高校生としてなかなかはまり役でした。この設定をありえる何か、例えば映画の中でも示唆されていますが、認知症みたいなものに置き換えてみれば、なおさらこの映画に共感できると思います。というか、認知症にした時点で「明日の記憶(荻原浩)」になっちゃうのですが。

早見あかりのことを覚えていようと必死な男の子の努力は、なかなか感動的ではありますが、現実的に僕ならモーションかけてくる大沢ひかるのほうが好みなので、そっちに行きます。ゲーム「ときめきメモリアル」で、圧倒的に清川さん派だった僕は、短髪で背が高くて美男子っぽいなんて、完全ドストライク。

久しぶりに「ちはる」さんをみて、別にこの人は好きじゃないけど、元気にまだ頑張っているんだなと思いました。

« ポテロング クレイジーソルト味(森永製菓) | トップページ | 皆月(映画) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/65788264

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れないと誓ったぼくがいた(映画):

« ポテロング クレイジーソルト味(森永製菓) | トップページ | 皆月(映画) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ