最近のトラックバック

« 津軽百年食堂(森沢明夫) | トップページ | 青森ドロップキッカーズ(森沢明夫) »

2017年8月31日 (木)

焼鳥のタレ

僕は大学生のときから家で一人焼鳥をよくしていました。肉を買ってきて、自分で串に刺して、タレも自分で作って七輪で焼きながら食べる。でも、このごろは子どもが大きくなって、ものすごく食べるから、串に刺すのが面倒になり、七輪では追いつかないので、串なし&ホットプレートで焼鳥をします。

タレは、大学生のときは残ったのを冷凍保存して継ぎ足し継ぎ足しで使っていましたが、今は使い切ります。残ったタレも、適当にいろいろなものの味付けに使います。甘い醤油味だから、使いやすい。

レシピは、正直にいうと適当です。醤油・みりん・酒を等量で混ぜて、煮切ってアルコールを飛ばして醤油のトゲを落ち着かせ、砂糖を醤油と同じぐらいの量入れて、2割ほど煮詰めて砂糖をカラメル化させてとろりとさせます。つけ焼きするときは冷ましてこのまま使い、焼いたあとでかけたりつけたりするときは、片栗粉を入れてさらにもう少しドロっとさせます。とろみがゆるいと、すぐ流れてしまうから。

基本はそういう感じですが、気分でネギやしょうがを使うこともあります。肉自体がおいしいなら基本レシピだけでも美味しいですが、安い肉だと、香味野菜を使ったほうが美味しいと思います。

« 津軽百年食堂(森沢明夫) | トップページ | 青森ドロップキッカーズ(森沢明夫) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/65719250

この記事へのトラックバック一覧です: 焼鳥のタレ:

« 津軽百年食堂(森沢明夫) | トップページ | 青森ドロップキッカーズ(森沢明夫) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ