最近のトラックバック

« マイクポップコーン 九州しょうゆ味(ジャパンフリトレー) | トップページ | 京都土産 »

2017年7月14日 (金)

ジェイアール京都伊勢丹から京都駅前地下街Portaへ。

京都駅にビールを飲みに行ったとき、ランチを食べに伊勢丹に行ってみました。ここは中央エスカレーターがまっすぐ上の階まで一直線になっていて、上の階に行くほど中央エスカレーターがフロアの西に移動するのですが、「それってどうなん?」と思いながら11階のレストラン街に行きます。天ぷら「天一」と韓国家庭料理「美菜莉」からごま油の匂いがしてきたので、ごま油に弱い配偶者と僕は、早々に退散しました。

京都駅2階の周辺飲食店マップを見ながら、どれもこれも大阪で食べられそうな店ばかりだと毒づきながら、うどんかそばでいいやと、京都駅前地下街Portaに行ってみました。といっても、うどんは「杵屋」か「冨士屋」。どちらかといえば冨士屋だけど、冨士屋は天王寺に行ったときのお楽しみだから、京都で行くのはなんか違うと思いました。

と思ったて迷っていたら、なんかよさげな中華料理を発見。「四川餐館」というお店です。陳麻婆豆腐がウリみたいで、どの定食にもついているから、あえて鉄鍋グツグツで辛さが選べる「陳麻婆豆腐セット」はやめて、「酢豚定食」にしました。配偶者は海鮮あんかけ焼きそば。

麻婆豆腐は、よくあるまあ普通な感じです。それほど「麻(まー=痺れる辛さ)」ではありませんが、辣(らー=唐辛子の辛味)です。京都なのに豆腐が木綿なのは好印象。

酢豚はなかなかよかったです。ちゃんと甘くて酸っぱい。でもパイナップルは入っていません。肉もちゃんとした自家製からあげ。おまけの点心(三角春巻きと焼売)はあんまりでした。玉子スープは、うどんスープの味がして、それでいいのかは別として僕は好きです。

これで1,300円は、場所代込みだなと思って帰ろうとすると、厨房ではちゃんと鍋を振っています。というのも、オーダーから出てくるまでの時間が、(京都だから遅いだろうというのは別として)やたら早かったから、ある程度出来合いを温めていると思っていたから。提供時間は、大阪の感覚でも早いです。ちゃんと炒めていて早いというのは、本来中華料理とはそうであるべきなので、一気にポイント加算。1,300円の価値ありだと思いました。ちなみに、配偶者の海鮮あんかけ焼きそばは、ちゃんと炒めてあるからむちゃくちゃ熱くて唇をやけどしたそうです。

« マイクポップコーン 九州しょうゆ味(ジャパンフリトレー) | トップページ | 京都土産 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/65525240

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイアール京都伊勢丹から京都駅前地下街Portaへ。:

« マイクポップコーン 九州しょうゆ味(ジャパンフリトレー) | トップページ | 京都土産 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ