最近のトラックバック

« ジンギスカンのタレがなかった。 | トップページ | 久しぶりにクリープを買って、コーヒーを飲んでみました。 »

2017年5月 8日 (月)

どん兵衛 (鬼)かき揚げ天ぷらうどん②

朝出勤途中の立ち食いうどん店からいい匂いがしていたので、会社の近くのコンビニでうどんを買おうと思って買ったのが「どん兵衛 (鬼)かき揚げ天ぷらうどん」。前回(昨年末)食べてよい印象があるので、今度はもっとおいしく食べようと、「10分どん兵衛」はいつもやっている(基本的にカップめんはメーカー指示の倍の時間待つ)から、レンジで加熱しながらよりモチモチ麺にする技(大学生のときに買った海外仕様カップヌードルで得た技)を使ってみました。

熱湯を入れて3分なら1分レンジ(500W)で加熱、水からなら3分レンジで加熱するというもの。どん兵衛のうどんは標準が熱湯を入れて5分で、10分いつも待つから、「レンジなら3分ぐらいかな?」と思ってやってみました。

ところがこれが大失敗。「グダグダきしめん」か「福岡うどん」みたいになってしまいました。さらに、しっかり出汁がしみたかき揚げが好きだから、先に一緒に入れておいたのが全部出汁に溶けてしまいました。

食べてみると、口に入れて噛む前から噛んだあとみたいな見た目とは裏腹に不味くはないのですが、味がよくても流動食みたいだったら「なんだかな~」というのと一緒で、やはり見た目と食感も大切です。溶け残ったかき揚げの中身のタマネギとニンジンだけが食感を主張していましたが、でも離乳食ぐらいの固さ。

これだけ溶けやすい天ぷらだから、日清は「あと載せ」をお勧めするのだと理解しました。次回はレンジ加熱時間を1分40秒ぐらいにしてみます。

« ジンギスカンのタレがなかった。 | トップページ | 久しぶりにクリープを買って、コーヒーを飲んでみました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/65198897

この記事へのトラックバック一覧です: どん兵衛 (鬼)かき揚げ天ぷらうどん②:

« ジンギスカンのタレがなかった。 | トップページ | 久しぶりにクリープを買って、コーヒーを飲んでみました。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ