最近のトラックバック

« ラム肉で火鍋 | トップページ | シン・ゴジラ »

2017年5月11日 (木)

大阪環状線の新型車両が3扉であることにいまさら気づく。

Cont01_train 今朝、京橋駅で環状線に乗り換えるとき、新型車両が3扉であることに気がつきました。3扉は快速(阪和線や大和路線直通の)車両で、普通用のオレンジの車両は4扉だと信じて疑わなかったのに。ホームの乗降マークも、△と○で分かれていて、「次は普通ね」と○印に並んでいたのに。まあ、わかってしまえば、案内板じゃなくて車両を見て並べばいいでしょう。

4扉にする理由は、乗降口が多いと乗り換え時間がかからない(同じ乗降人数を扉の数で割れば一目瞭然)からだとされていますが、新型車両を3扉にした理由は、ホームドア設置に向けてらしいです。とにかく環状線はたくさんの人が利用するから、事故も多いと。だからホームドアを早く設置したいけど、3扉と4扉の両方対応は難しいと。じゃあ、直通快速に合わせて3扉に統一しようということらしいです。

3扉と4扉で乗降時間に差があるかどうか調査したら(2014年の2月の平日5日間のラッシュ時間に、わざと3扉車両を集中運用してみたそうです)、遅延などの影響はさほどでもないと判断したとのこと。確かに、4扉だと扉付近から動かない人が多い(乗り降りするときに大変邪魔)けど、3扉だと諦めてみんなどんどん中のほうに進むから、乗り込むのがスムーズです(毎朝夕の実体験)。

急に新型車両は増やせないのでしょうけど、それならさっさと3扉ばっかり集めてホームドアを設置してほしいものです。ホームドアがあると、「黄色い点字ブロックより内側にお下がりください」なんて言う必要もなく、ホームの端までしっかり使えて有効活用できるし。そうなると、余った4扉車はどこに持っていくのでしょうか? 青や緑に塗り替えて阪和線や大和路線でしょうか? と思ったら、もう廃車にするようです。関東ではもう全部廃車になっているとのこと。

« ラム肉で火鍋 | トップページ | シン・ゴジラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/65199351

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪環状線の新型車両が3扉であることにいまさら気づく。:

« ラム肉で火鍋 | トップページ | シン・ゴジラ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ