最近のトラックバック

« わかめ不漁の影響が北九州にも? | トップページ

2017年2月13日 (月)

長男が高校に合格しました。

僕に似て勉強が大嫌いな長男が、高校に合格しました。本人は大変な読書家で、ちゃんと勉強すれば学校の成績も向上するはずなんですが、何しろ僕に似て勉強が嫌いなのです。

親として、ましてや大学生のときに個別指導塾講師のアルバイトで「伝説の講師」と言われた僕としては、1回だけ頼まれて近所の子に夏休みだけ家庭教師をして、その子の成績劇的UPの実績もある僕としては、わが子にもその技術を駆使したかったのですが、いろいろな理由で難しかった。

勉強をみてあげられない親として、塾代を払う以外にできることは、進路指導ぐらいです。高校受験でこんだけ苦労するのだから、大学受験で失敗するのは目に見えており、本人にその苦労をさせても将来への糧になりはしないと判断し、高校受験を最後に大学卒業まで保証されるところに行ってもらうことにしました。要するに大学附属の高校です。私立でも、大阪府と国の補助があるので、以前に比べれば経済的なハードルは下がりました。相変わらず公立よりはお金がかかりますが。

大学に内部進学できたとしても、その大学がイマイチだったら経歴を汚すだけなので、僕のこれまでの経験や、現在の就職実績や卒業生の人柄や傾向も考慮し、本人の「理系志向」も踏まえて決めました。学校見学も可能な限り行なって雰囲気などを確認しました。本人も、やさしく親切にしてもらえる先輩が行っている学校ということで「そこがいい」ということになり、「志望校」はすんなり決まりました。
よそはよくわかりませんというか、少なくとも福岡県はそうじゃなかったですが、大阪府では「高校浪人」を出さないため他数点の理由により、中学校の先生に「受験してよし」と言ってもらえれば、ほぼ受験校に合格します。模試などで「合格圏」であっても、中学校の先生に「ダメ」と言われて受験を強行して、案の定失敗した人をたくさん知っています。

ので中学校の先生に「受験していいよ」と言われれば、9割合格したようなもの。とはいえ、合格発表まではドキドキしました。受験の当日、朝からNintenndo DSするような子には、神様がバチを当てるんじゃないかと。
僕は受験人口戦後最大の世代を経験し、本当にイヤだったけれども、そこを何とか勝ち抜けたことは糧になっていると思います。その経験をさせてあげられず、もしかしたら長男にとって人生で唯一の受験になるかもしれないことになることの是非で少し悩みましたが、もし自分がいま、長男の立場だったら、こうするだろうと思って「これでいい」と思うことにしました。

いまどきプールもあるし、雰囲気がよい学校なので、途中リタイヤすることはないと思いますが、通学路に繁華街があるから悪の道に染まらないかにちょっと不安を抱きつつ、頑張って学費を稼ごう(高校はいいけど、大学の学費はまともにかかってきます)と思うのでした。

« わかめ不漁の影響が北九州にも? | トップページ

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/64887613

この記事へのトラックバック一覧です: 長男が高校に合格しました。:

« わかめ不漁の影響が北九州にも? | トップページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ