最近のトラックバック

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

Pizza Stadium MARINO(イオンモール大日)

次男の観たい映画をやっている最寄りが大日イオンだったので、ランチもここで食べました。個人的にはフードコートのカレーかなんかでよかったのですが、ピザ食べ放題に次男と配偶者が惹かれてここに。一人1,600円ほどの「イタリアンビュッフェ・ホリデーランチ」という仰々しさです。

可愛らしい独身女性か、子どもが幼稚園児までぐらいの母親の少し気張ったランチ屋さんという感じで、僕のような「漬物とふりかけと佃煮があれば丼飯でOK」みたいなオッサンには向きません。テーブルにピザを温め直すグリルがあるのですが、「そんなまどろっこしいことしてられないぜ」と冷めたまま食べてしまいます。何しろ「冷めたピザ」といえば、有名な悪口。ちっとも美味くありません。

パスタ類も、種類はたくさんあるし、どんどん作ってくれるし、どうも生麺らしいのですが、自分が作ったほうがよっぽど美味い。というか、ペペロンチーノ以外はどうでもいい味でした。

そうなると、興味が隣のお母さんの汚い食べかた(うどんでも蕎麦でもラーメンでも何でも麺類は共通ですが、口に入らない量を箸なりフォークで口に運んで、入りきらない分をブツブツ噛み切る食べかた。要するに「お育ち=幼少期の親の躾」の問題)に移ってしまい、食欲が急速に減退します。僕はあまり他人と食事をしませんが、それは汚い食べかたの人と同席して、自分も同類だと思われたくないからなんですが、見るのも汚らわしい。

しかも箸だし。うどんやラーメンならともかく、パスタでその食べかたは、その場で銃殺級ですよ。僕も、家では面倒だから箸でパスタを食べますが、外では「練習と技術レベルの維持も兼ねて」頑張ってフォークとナイフかスプーンで食べます。両手を使うから、頭の体操にもなります。

というわけで、店を出て3分後には夕食のことを考えていたのでした。

2017年2月27日 (月)

アベノ珉珉

ViaあべのWalkなどと、よくわからない「ナウでヤング」な通りの名前になっていますが、要するにあべの再開発前にあった商店街の飲食店を一所にまとめた通りです。立ち飲み屋以外で前から知っているのは、「グリル・マルヨシ」とここぐらい。実はどちらも旧店舗に行ったことはありませんでした。マルヨシは高かったし、珉珉はあまりに汚すぎたから。

2011年4月のオープンから数回前を通ったことはあるものの、やっと中に入る機会に恵まれました。というか、珉珉に行列ができています。マルヨシならともかく、ここは行列して食べるような店じゃないんだけど。

と思いながら並んで、なんせそういう店だから客もじっくり味わうんじゃなくて「さっさと食べて、すぐで出ます」なので、すぐ座れました(ただしカウンター)。せっかくなので、僕は餃子と白ご飯の「餃子定食」を、配偶者は名物「ジンギスカン定食」を注文(共にお得なランチ限定メニュー)。

ここの餃子は、やや小振りで大変ジューシーなのが特徴です。餃子のタレみたいな親切なものはなく、自分で酢と醤油でタレを作ります。たぶん5人前ぐらいは平気で食べられそうなあっさり餃子。配偶者のジンギスカンは、ちゃんと羊肉使用のしっかりしたお味。野菜が玉ねぎだけという潔さも高評価ポイントです。隣のアベックもジンギスカン定食を頼んで(ただし二人で一人前だけ。もう一人は餃子一人前だけ)、男が何だかウンチクを語って聞かせてました。そういう店じゃないのですが。

千日前の珉珉本店の記憶はもう薄い(25年ぐらい前)ですが、あっちもすっかりきれいになってしまったようです。こちらも往時を知るものとしては「入りやすくなっていい」のですが、店員さんの客あしらいと料理の味に、往年の雰囲気が濃厚に漂っていて、45年来の願いが叶ったような満足感がありました。

2017年2月26日 (日)

大阪のにぎり寿司が不味く感じるのは醤油のせいではないか。

多くの人が、東京の寿司は美味いとか、福岡の寿司は美味いとか言いますが、僕も同感です。にぎりはどうでもよくて、巻寿司か箱(押し)寿司しか興味がありません。東京では寿司なんて高くて食べられませんから、福岡でしか食べたことはありませんが、確かに福岡で食べたお寿司はやたらと美味しかった。しかも安いのです。

お刺身にすると、福岡の人はとにかく目の前で泳いでいたのをさばくような新鮮さを重視するので、イカなんかだとまだいいのですが、鯛やひらめなんかだと味がしないんですよね。死後硬直で硬いのを「コリコリして新鮮だ」とありがたがるようなところもあるし。というわけで、お刺身はあんまり美味しくない。でも、にぎり寿司はおいしい。

ということは、シャリか醤油か握り方が違うんでしょうが、醤油のような気がしてます。あの甘い九州醤油。シャリも、大阪の寿司飯は甘めだから、差はないと思います。やっぱり醤油ではないかと。近いうちに福岡県に行くから、九州醤油を買って帰ってきて、それで大阪のにぎり寿司を食べてみようと思いますが、これで不味かったらどうしましょう? 

2017年2月25日 (土)

トニックウォーター(Schweppes)

高校生のとき「こんなにうまい炭酸水があるのか」と感動したSchweppesのトニックウォーターが、売残り見切り品コーナーで半額シールをつけて置かれていたので、あるだけ全部買いました。といっても6本です。

買ったのはいいですが、現在我が家では「年末年始の大判振る舞いを反省する毎年恒例・飲みすぎセーブキャンペーン」を行なっており、蒸留酒はウィスキー1本に集約されています。トニックウォーターなんて、ジンを飲むときぐらいしか使えません。というか、Schweppesは美味しいからそのまま飲めますが、それはもったいない。安いといっても250mLで60円。酒じゃないものを飲むときは、水かお茶かコーヒー。

というわけで、キャンペーンが終了するのを待って(家計の経済状況が落ち着くまで)、ジンを買うまで保存することにしました。冷暗所に保管すれば、1年ぐらい問題ないでしょう。

2017年2月24日 (金)

フード(hood)の使い方がわからなくて難儀しました。

自転車通勤する際には、念入りに雨雲レーダーや天気図を確認し、天気予報だけではなく自分でも気象予測しております。プロの気象予報士でも予想は難しいからまあよく外れるわけですが、絶対降らないと思って自転車に乗ってみたものの、ゲリラ豪雨みたいにひどくはないけど、にわか雨に遭うことはあります。

にわか雨か続きそうかも、その瞬時瞬間に判断するのですが、にわか雨なら雨宿り、続きそうなら自転車強行ということが多いです。でも先日、なんとなく面倒だから、予想外の軽いにわか雨だと思って自転車強行したところ、本降りになってしまいました。

いつもは帽子をかぶっているのですが、たまたまかぶっていなくて、2月で気温も低いから、このままでは風邪をひくと思い、「そうだ、上着にフードがついているからそれをかぶろう」と思ってフードを出しました。僕は自転車用ウェアは嫌いだから、着ているのはどこでも買えるL.L.Beanの気温が氷点下でも暖かい上着です。

ところが、このフードには紐がついているのに、紐の縛り方がわかりません。縛れないから、はぜでフードがはらんですぐ脱げます。だめじゃん、L.L.Bean。四苦八苦してロクに先に進めないままに雨はやみましたが、もうすでにしっかり頭が濡れているから、フードなしでは風邪をひきます。結局、25分ほどの道のりを1時間以上かけてしまいました。近くが見えなくなっているから手元は見えないし、家に帰って脱いでからしっかり検証しましたが、結局紐の縮めかたはわかりませんでした。本当の非常用で、フードを出したらしっかり両手でホールドせよと言うことなんでしょうか?

2017年2月23日 (木)

「プジャ」というインド料理店。

僕の行動範囲内に、ウヨウヨ増えている「プジャ」というインド料理店があります。系統的には2系統あるみたいで、北摂(高槻・宝塚・六甲・三田など)の「カトマンドゥカリー・プジャ」と、西名阪道・南阪奈道沿い(松原・羽曳野・柏原・法隆寺)の「本格インド料理プジャ」です。日本流「ライスカレー」もある前者と、よくあるインド料理店みたいな後者は、まったくお互い無関係みたいです。

日本人的には、何ら違和感を持たない雰囲気の前者は、ちゃんとネパール人シェフが調理しているようで、だいたい店の雰囲気がいかにも「日本人が考えるネパール」っぽくて、安心して入れそうですが、逆に「怖いもの見たさ感」がないともいえます。友だちと仲良く穏やかに、あるいは家族揃って安心してランチを食べに行こうという感じです。

正直言って、何だか怪しい(正しいインド的ともいえる)後者は、その怪しさゆえに本当にウヨウヨあちこちに増えていて、「そんなに手広くやってクオリティの統一が取れるのかね?」と心配にもなりますが、インド的にはそんなことはどうでもいいのでしょう。それより、なんとなく「当たったらすごい穴場だぞ!?」的な予感があって、なんとなく興味をそそられます。怖いから誰かと一緒に行くとは思いますが、あまり家族と行ったり仲良しグループで行くという感じはしません。小学生男子が冒険探検の偵察に行くというイメージ。

と気分が盛り上がったので、今度行ってみようと思いました。

2017年2月22日 (水)

じゅじゅ庵 東三国店

ちょっとお世話になった社員に恩返しがしたい(部下だからこき使えばいいという時代でもないし、そんなに僕は立派ではないから)と、「食べ放題じゃない焼肉の食べ放題なんかどう?」と提案して、食べたい店に連れてってと言っていたら、食べ放題の店でした。無駄に高い和牛の味がわからないかもしれないから、まあいいかと思って異論も唱えず行ってみました。

前は榮華亭だったのが「じゅじゅ庵」と名前が変わっているなあとは思っていましたが、榮華亭のときに数回行って、あんまり感心しなかったのですが、どうも「コスト重視の方針」に反発した一部店舗が独立したらしいです。確かに、炭で焼く価値もないような、味のない肉の店でした。そもそも肉が悪い(雄だったり子牛だったり熟成が不足だったり)のか、タレが悪いのか(もみダレもつけダレもイマイチピンとこない)、とにかく味が何にもしないのでした。

今回、その点がどうなったのかが興味の中心でしたが、基本的にはあまり違いはなさそうです。でも、部位によってはすごく味のあるお肉だったから、若干改善されたのは間違いなし。ただ、うちの社員は「やっぱり豚肉のほうが間違いないですね」などと豚肉ばっかり頼んで、僕が「ここは美味いよ」と、例えばカルビ系の骨付近らしい肉を頼むことを示唆しても、わからないみたいでした。ミノもセンマイも頼んでもらえなかったし。まあ、僕より彼らが満足するのが主目的だからいいかと我慢しました。

飲み放題をつけて4,000円未満だから、今度1人でか僕の話がわかる人と一緒に行ってみてもいいかと思いました。

2017年2月21日 (火)

長男に与えたスマホで起きた波乱数件。

最近は幼稚園児でもスマートフォンを持っていたりもしますが、うちは高校からということにしてます。中2からタブレットPCは与えていたのですけども。通話に関することができないだけで、ケータイゲームはやりまくっていたようです。

高校に合格したから、まだ卒業式前ですが、気持ちよくスマホを買いました。僕らは1ヶ月使ってもデータ量は2GB未満ですが、動画も見れるように6GBのプランにしました。でも、動画はなるべくWi-Fiで観ないと、6GBぐらいすぐ使い切ってしまいますよと教え、Wi-Fiの使い方も教えたのに、毎日家にいるだけで600MBぐらいずつ使ってます。

おかしいと思って調べてみると、安定受信とかでWi-FiとLTEを併用していました。なんという馬鹿げた機能でしょうか。即OFFしました。

これで安心と思っていたら、「パターンロックのパターンを替えすぎてわからなくなった」と言います。「パターンを忘れてしまったら」みたいな救済手段(パスワード入力でOK)も、このごろの機種にはないらしいです。ロックされてしまうと、もうどうしようもない。

メーカー持込でロック解除(有償)もできるらしいですが、Googleアカウントがあれば遠隔操作で初期化できるとのこと。しょうがないからそれで初期化しました。「もう二度とパターンロックは使わない」と本人は反省しています。

最初は気合を入れて何じゃかんじゃ設定(ペアレンタルロックやコントロールみたいな)しましたが、もう1回するのは面倒くさくなって、現在完全開放状態です。どうせロックしても、Android端末の場合自分で解除できるらしいし、PS3のペアレンタルコントロールも、勝手に「ゲストアカウント」を作って無意味にしてますし。

2017年2月20日 (月)

ドラマ洞窟おじさん完全版(NHK)

日曜日にTVをつけたら、リリー・フランキーが全裸でシャワーの水をかぶって、冷たくて驚いて走っているシーンでした。そのまま目が離せなくなってしまって観ていると、家出をして洞窟というか、たぶん廃鉱で住むことになって云々というドラマ全4話のうち、その日放送(再放送)された2話を見てしまいました。

「ほぼ、実話」というとおり、ところどころ脚色もあると思いますが、年齢を逆算してみると僕の両親と同年齢で、つまり敗戦の翌年の生まれですから、こういう人は少なからずいたと思います。自分から家出しなくても、自然とこういう生活をするようになった子どもが。多くは長じるに従い社会に居場所を見つけると思うのですが、この「洞窟おじさん」の場合は、2話目で親切な夫婦(戦争で子どもを失った)に「うちの子供として一緒に暮らさないか」と言われて断るように、56歳で自販機を壊そうとして現行犯逮捕されるまで、子どものころの虐待がトラウマで他人とうまくやっていけず、基本的に孤独な、いわゆるホームレス生活を続けました。

続きを1週間待って3~4話目を観ると、社会復帰の話でした。個人的には「そのまま反社会的に頑張ってほしい」と思わないでもなかったですが、「寂しくって」と本人が言うように、人(に限らず多くの動植物)は一人ぼっちには耐えられないということなのでしょう。自然の摂理です。社交的ではない僕でも、家族には優しくしてほしいし、優しくするわけです。

2017年2月17日 (金)

クリープが高いから(中略)マリームにしてみました。

家では牛乳を入れますが、外出先でいちいち新鮮な牛乳を買っていては、喫茶店に入ってコーヒーを飲むより不経済なので、クリープを使っています。牛乳を入れるのと同じようになるには、たぶん適量の2~3倍ぐらい入れているような気がします。1日に3杯は飲むから、詰め替え袋入りクリープが、だいたい2週間でなくなってしまいます。

年末に安売りしていたから多めに買っておいたとはいえ、もうなくなってしまいました。しかし、なぜかこのごろクリープは高い。安くても300円以上します。しばらく事務所備え付けの正体不明のクリーミングパウダーやポーションも使ってみましたが、どうも不味くて仕方ありません。

しょうがないから、比較的クリームに近い味だったような印象があるマリームを買ってみました。クリープと比べてほぼ同じ値段で重さは倍ですが、体積としては40%増しぐらいの感じです。とにかく、とりあえずクリープよりは安い。

1口目はラクトアイスのバニラ味みたいな味がしますが、味の素と一緒で2口目からは何だかよくわからなくなります。コーヒーじゃない苦味というかエグ味があるような気もします。でも、事務所備え付けの正体不明品やポーションよりはマシだから、しばらくこれで我慢してみます。が、少々高くても、クリープを買おうと固く誓いました。やっぱり、それだけを口に入れて美味しいということは、コーヒーに入れても美味しいんですよ。

2017年2月16日 (木)

この冬最後と言われる大雪の日に湖西に行きました。

次男が中学校のスキー林間に行き、雪遊びできるのが羨ましくなったので、僕も行くことにしました。次男は岐阜のひるがの高原に行きましたが、僕はそんなところに行ったら帰って来れないので、いつも行く琵琶湖の西側です。配偶者は「FITで行ってよろしい」と言ってくれましたが、2週間乗っていないBEATで行きました。

とりあえず湖西道路を走っていると、「真野から先、チェーンか冬タイヤが必要です」と案内がありますが、これはいつものこと。ご丁寧な案内は無視して真野を過ぎると、なるほど、危険な香りがしてきました。ので、和邇の平和堂のトイレに行くことにして、そこからは旧道(現558号)を走ります。

と思ったら、早々に雪が降ってきました。路面はまだ濡れているからそのまま気にせず走っていると、蓬莱駅の先のあたりから、BEATにみるみる雪が積もってきます。対向車にもみんな雪が積もっています。これはもうダメだと判断、びわ湖バレイの入口で引き返しました。大学4年間プラス1年、積雪地帯北九州で暮らした経験からの判断です。この判断を誤ると、動けなくなるだけならまだよくて、崖から落ちたりします。

雪道の運転(に限らず、運転は全て)は、なによりも経験が大切。スタッドレスタイヤを履いていても、チェーンをつけていても、ベテランの夏タイヤに負けることもあります。TVなんかで象徴的になんでもない都会の交差点の発進で、「スタッドレスタイヤを履いていても発進できなかったり、発進できてもまっすぐ進めずに蛇行しています」なんてやってますが、あんなものは運転技術が未熟なだけ。雪が降ったら家でじっとしていなければならない人です。どうしても自動車で外出する必要があるのなら、じっくり研修してもらわないと危なくて仕方ありません。

というわけで、そのまま大阪まで帰ってきて、枚方の東の交野市の駅前でうどんを食べ、生駒でガソリンを入れて帰宅しました。直接雪に触れられませんでしたが、ちょっとだけ坂本のあたりを山側に入って、ほんのちょっとだけ雪上の運転もできて、自らの技量の確認ができたので満足です。

2017年2月15日 (水)

高校合格の長男用に携帯電話を買いました。

僕のほとんど使っていないauのXperiaZ5をあげようかと密かに思っていましたが、なんとなくBIGLOBEにしました。よそがデータ通信5GBプランなのが6GBなのと、キャッシュバックがあるというので。

端末は、長男がiPhoneはいらない(Androidがいい)と言うのと、Nintendo DS並みではないにせよ、防塵防水で丈夫そうなArrows M03にしました。あんまり興味がないから知りませんでしたが、専用アクセサリーがいっぱいあるんですね。

契約してからこれも知りましたが、500円ほど払ったら「エンタメフリーオプション」という動画サイトを通信料を気にすることなく観ることができるオプションがあるようです。もちろん、こんなものを契約したら、受験生のときからずっとストーブの前で寝転がってYouTubeを見ていた長男が、外出先でもずっと視聴を続けて洗脳されてしまうので、とりあえず「なし」です。というか、6GBの制限をうまく使う工夫を覚えてほしい。

docomo回線だからバッチリつながるし、良さげだったら僕もauから替えたいところですが、そのままSIMを差し替えても使えないから機種変更しなければなりませんね。

2017年2月13日 (月)

長男が高校に合格しました。

僕に似て勉強が大嫌いな長男が、高校に合格しました。本人は大変な読書家で、ちゃんと勉強すれば学校の成績も向上するはずなんですが、何しろ僕に似て勉強が嫌いなのです。

親として、ましてや大学生のときに個別指導塾講師のアルバイトで「伝説の講師」と言われた僕としては、1回だけ頼まれて近所の子に夏休みだけ家庭教師をして、その子の成績劇的UPの実績もある僕としては、わが子にもその技術を駆使したかったのですが、いろいろな理由で難しかった。

勉強をみてあげられない親として、塾代を払う以外にできることは、進路指導ぐらいです。高校受験でこんだけ苦労するのだから、大学受験で失敗するのは目に見えており、本人にその苦労をさせても将来への糧になりはしないと判断し、高校受験を最後に大学卒業まで保証されるところに行ってもらうことにしました。要するに大学附属の高校です。私立でも、大阪府と国の補助があるので、以前に比べれば経済的なハードルは下がりました。相変わらず公立よりはお金がかかりますが。

大学に内部進学できたとしても、その大学がイマイチだったら経歴を汚すだけなので、僕のこれまでの経験や、現在の就職実績や卒業生の人柄や傾向も考慮し、本人の「理系志向」も踏まえて決めました。学校見学も可能な限り行なって雰囲気などを確認しました。本人も、やさしく親切にしてもらえる先輩が行っている学校ということで「そこがいい」ということになり、「志望校」はすんなり決まりました。
よそはよくわかりませんというか、少なくとも福岡県はそうじゃなかったですが、大阪府では「高校浪人」を出さないため他数点の理由により、中学校の先生に「受験してよし」と言ってもらえれば、ほぼ受験校に合格します。模試などで「合格圏」であっても、中学校の先生に「ダメ」と言われて受験を強行して、案の定失敗した人をたくさん知っています。

ので中学校の先生に「受験していいよ」と言われれば、9割合格したようなもの。とはいえ、合格発表まではドキドキしました。受験の当日、朝からNintenndo DSするような子には、神様がバチを当てるんじゃないかと。
僕は受験人口戦後最大の世代を経験し、本当にイヤだったけれども、そこを何とか勝ち抜けたことは糧になっていると思います。その経験をさせてあげられず、もしかしたら長男にとって人生で唯一の受験になるかもしれないことになることの是非で少し悩みましたが、もし自分がいま、長男の立場だったら、こうするだろうと思って「これでいい」と思うことにしました。

いまどきプールもあるし、雰囲気がよい学校なので、途中リタイヤすることはないと思いますが、通学路に繁華街があるから悪の道に染まらないかにちょっと不安を抱きつつ、頑張って学費を稼ごう(高校はいいけど、大学の学費はまともにかかってきます)と思うのでした。

2017年2月11日 (土)

わかめ不漁の影響が北九州にも?

春休みに、2年ぶりに配偶者の実家のある福岡に帰省することになり、ウキウキ計画を練っていて、「永犬丸の和田やのうどんは外せないな」と思って、何を食べるかメニューを見ていたら、トッピングから「わかめ」が消えています。かつては「玉子」と並んで50円のトッピングでしたが、影も形もなくなりました。「わかめうどん」もないです。本家「更新うどん」と、更新うどん中原店改め「米」には「わかめうどん」はまだあるみたいなのですが。

「資さん」のメニューにはわかめうどんはまだありますが、「あれ? 資さんってこんなに高かったっけ?」と思いました。わかめうどん400円はいいとして、おかめうどん640円やしいたけうどん500円に山かけうどん590円は「???」。鍋焼きうどんなんか800円です。24時間営業の深夜割り増し賃金分を昼にも回収しているのでしょうか? かと思えば、朝定食(納豆)は390円で、牛丼店に対する競争力があります。

あとはラーメンですが、だいたいどこでも600円になってます。10年ぐらい前までは500円だった気がするのですが。600円ということは20%UPです。と思ったら、安いけど不味い元祖長浜屋が400円から500円になっていました。どうも、福岡県はインフレスパイラルみたいです。もともと物価が安すぎるぐらい安かったので、反動かもしれません。

2017年2月10日 (金)

昔持っていたCDの、デジタルリマスターした曲を買って。

550円分のポイントをもらったので、昔持っていたけど手放した(大学卒業後、実家に帰るときに整理した)CDの曲がデジタルリマスターされているのを買いました。1曲単位で買えると、買うほうはいいけど、売るほうは大変だなと少し気の毒になりますが、そういう時代だからしょうがない。

これまでにも、たとえばBLUE HEARTSのアルバムなんかはリマスター版を持っていますが、正直言って元の音源がしょぼいのか、あまり感動はなかったのですが、今回買ったのには心底驚きました。「あれ? 吹き込み直したのか?」と。

一部では、それが僕の「黒歴史」なのではないかと気を遣っていただいているような話も聞くので、そうではない証拠にここに開陳しますが、買ったのは、いま(別の意味で)話題の工藤静香さんが1987年に発売した2ndシングルのカップリング曲の「愛が痛い夜」という歌。先日毎日新聞で小林亜星さんが「名プロデューサーで今も残っているのは彼ぐらいですよ。素晴しい詩も書くし」と褒めていた秋元康作詞。

工藤静香の歌唱力が高いか普通かはわかりかねますが、松たか子の「Let it go」に説得力があって、May Jは「巧いけどあまり好きじゃない」と言われてしまうように、なんか魅力があります。この人のデビューアルバムは、8曲中少なくとも5曲はシングルで出していいのでは?と思うぐらい力が入っているというかお金がかかっているものでしたが、その後のCDに比べると「歌がちょっとな」と思ったものでした。あれもリマスタリングしたら同じように魅力的になるのでしょうか?

2017年2月 9日 (木)

ニュルブルクリンクFWD最速の件。

夏にCIVIC Rが発売になるので、現在ニュルブルクリンクFWD最速レコードを持つVW GOLF GTI(CLUB SPORTS S)打倒なるかが(一部で)注目されているみたいですが、たぶん大きく重くなった市販版では難しい気がします。そもそもGOLFは見た目は市販版ですが、中身がまったく違う特別仕様です。

そんなことはどうでもいいとして、CIVICの前のタイトルホルダーであるルノー・メガーヌRSはDCTだと思っていたのですが、MTだったのですね。CIVIC RもGOLF GTIもMTです。DCTにするだけで一気に速くなるような気がしますが、そうならないというところが意外です。

しかしながら、中身は特別仕様の別物とはいえ、外観が市販車そっくりのGOLF GTIは僕でも買おうかと思えますが、CIVIC Rはちょっと無理です。もうちょっと考えてほしい。そもそも僕はそんなに速くても心技体が追いつかないから、普通に速ければそれでいいです。家族4人が乗って、名神高速や中国道の上り坂で3速の80-120km/h加速が7~8秒ぐらいならそれでいいという感じ。僕が乗っていたEK9のCIVICがそのぐらいでした。

2017年2月 8日 (水)

Qahwaコーヒータンブラー

近所の雑貨店で買った、おそらくスターバックスのタンブラーと同じだと思われるやつがあっという間に壊れたので、もともとこれをみてタンブラーを買おうと思ったQahwaのものを買いました。ボトルとタンブラーがありますが、タイガーの水筒(つまりボトル)を持っていて、保温性能が高すぎてなかなか飲めない(猫舌だから)のと、タイガーと違って片手で開けられないのでタンブラーにしました。

いちおう蓋がついていますが、傾けるとジャジャ漏れします。車の中で加減速や左右のGでこぼれないぐらいの機能しかありません。というか、それでじゅうぶん。マクドナルドのドリンクだってそうだから。

保温能力は、ちょうどいいぐらいです。朝淹れて、14時ぐらいでも温かいです。淹れてすぐでもちょうどよくぬるくなっていて、そのまま温度がゆっくり下がる感じです。ぬるいコーヒーが嫌な人にはダメでしょうが、個人的には満足です。

「香りを楽しむ」という「アロマホール」の効用は、正直言って「?」です。コーヒーの香りの前に、蓋の樹脂のにおいがする気がします。「鼻に当たらないように凹んでいる」というのは、欧米人みたいだといわれる僕の巨鼻でもまったく当たりません。これは自然な姿勢で飲めてたいへん具合がいいし、こぼして胸元を汚すことも減るでしょう。

問題があるとしたら、ボトルはどこでも売っているのに、タンブラーがなかなか見当たらないことと、やたらと高価なことでしょうか。タンブラーがぜんぜん見当たらないから、そんなに人気商品なのかと思いきや、たぶんジャジャ漏れするからお店がクレームを恐れて置きたがらないのではないかと、ふと思いました。あるいは、それなのに、同等品と比べてやたらと高いからか。

2017年2月 7日 (火)

アリオ八尾に停めて西武百貨店へ。

次男のクリスマスプレゼントが映画鑑賞だったそうで、まだ行っていないというか観たい映画の封切りが今だからか、今ごろクリスマスプレゼントを享受することになりました。さすがしぶとさでは親族No.1。

何の映画だか知りませんが、近くでは八尾でしかしていない(四條畷・大日・高の原などでは上映していない)とかで、アリオ八尾まで行きました。うちからせいぜい45分ぐらいで着くだろうと思ったら、山本高校前交差点を曲がってから45分かかりました。オープン間もなくて混雑していたころとあまり変わらないです。「あんなところに作ったらダメだよ」と当時思ったことを思い出しました。

駐車場のつくりが悪いというより、整理のしかたも悪いのですが、まず立体駐車場の1階か2階以上でゲートが分かれます。「1階閉鎖」だから「2階以上」に並ぶわけですが、上手く1階閉鎖が解除の瞬間に分岐部にいたら、1階に誘導されます。これが見ていて実に腹立たしい。おおむね20台ぐらい後ろに並んでいたはずのやつらが先に入るのですから。

3階に行くと、西側入口から入ってきた車と合流します。ここで「3階閉鎖」で4階以上にまわされるているのを横目に、僕とそのあとの2台が3階に入れてもらえました。見ている人はさぞ悔しいでしょう。

というようなことは、もはや立て替えないと改善されないだろうからいいとして、次男が映画を見ているあいだの時間つぶしに、今月末で閉店の西武百貨店に行きました。35年前の開店当初は、これまでの百貨店とは違う新世代の雰囲気のお店でしたが、現代の目で見ると天井は低いし、狭いし、「置いている物が高いだけの西友」という感じ。「無印良品」や「LOFT」などのテナントが半分以上占めていていて、昔の面影は薄いです。

地下でうなぎでも買おうと思っていましたが、映画が終わる時間になったので6階と5階を売ろうとしただけで帰ってきました。

2017年2月 5日 (日)

大阪市、阿倍野再開発に2000億円赤字。

1976年に始まり、来年2017年度終了するJR天王寺駅南西部の再開発(阿倍野再開発事業)の赤字が、約2,000億円になると大阪市が公表しました。それはそれで「身の丈に合わない事業計画が云々」と文句や分析はしてもらえばいいとして、この40年かかった再開発の時期が、まんま僕のまもなく44年に及ぶ人生に重なっています。物心ついたころの、まだ再開発が始まったか始まっていないかのころのあの辺りの風景は鮮明に覚えていますし、それがどういう変遷があったかも、特にバブル期の1988年から1991年にかけて高校生(高校が昭和町にあった)だったから、ものすごい勢いで変化していく様をみてきました。

幼稚園から小学生のころ、いまのアポロビルの南側は薄暗いアーケードで、天王寺公園側の広い道路と明るい歩道とは対照的に、不気味でした。酔っ払いが昼間からうろうろしているし、パチンコ店があったり、子ども心に「見てはいけない世界」だった記憶があります。

中学生のころに「あべのベルタ」ができて、高校生のころ「あべのマルシェ」ができ、大学生になって福岡に行っている間に大阪市立大学医学部附属病院が建て替えられ、大学を卒業して帰ってきたら「あべのルシアス」ができ、最後まで残っていた今のキューズタウンのあたりが更地になってから、いつまでたっても更地のまま(少なくとも10年は更地だった気がします)の時期もずっと見てます。

最後まで残っていたあたりの、あの汚い裏路地を知っていると、そのあとできたキューズタウンがきれい過ぎて嘘くさく感じてしまいます。とはいえ、きれいに越したことはないからこれでいいのです。

しかしながらベルタが中学時代にできたということは、すでに30年近く経過しているわけです。矢作俊彦さんの「ららら科學の子」にあった、「30年前建設途中だった新館がいま、すでに老朽化して目の前にある。10年以上前に作られた旧館とそっくり同じように古び、肩を寄せながら目の前に」みたいなことになる日を待つべきなのかな、と思いました。

2017年2月 4日 (土)

さくら寿しの桶盛りセット「鶴」

お寿司が好きな配偶者の誕生日に買ってみました。桶盛りセットには「にぎり(5人前)」「鶴」「亀」と3種類あって、「にぎり(5人前)」は普通に1人前650円の「にぎり」が5人前入っています。値段もそのまま×5の3,250円。「亀」は、(4~5人前)ということになっていて、「鶴」は(3~4人前)でそれぞれ2,900円と2,400円。500円の差で1人前増えるのは得な気がします。

以前、「亀」セットを買ったことがあります。マグロ・イカ・玉子・穴子・エビのにぎりが4つずつと巻き寿司(細巻・太巻き・伊達巻)がたくさん入っていた気がします。今回「鶴」は、にぎりの量は同じで、太巻き1本と細巻(きゅうり・新香・鉄火)計3本でした。

たぶん、「鶴」と「亀」を買ってほしいのではないかと思われます。それだけあれば、6人ぐらいのお腹がかなり膨れて、満足度も高そうです。「亀」だけだとにぎりが少ないし、「鶴」だけだと、3人ぐらいしか満足できない。

いっそ、桶盛りじゃなくて、1人前折を人数分買うのがいいかもしれません。「盛り合わせ」が550円、「にぎり」が650円、「にぎり1半」が980円、にぎり1人前と細巻(鉄火・新香・きゅうり)計3本の「3色にぎり」が1,000円、細巻が3本とも鉄火巻の「鉄火にぎり」が1,200円。

2017年2月 3日 (金)

まもなく44歳にしてこんな目に?

「ブラック企業」だとか「ブラックバイト」だとか、過酷な労働を強いられることについて何かと話題ですが、「これもそう言われるようなことかな?」というような目に、まもなく44歳、職場では役員を除けば最高位の「部次長」にして遭遇しました。

僕は医療器卸売業という業種の会社に勤務していて、管理職ということもあって平素は9時5時半の定時は無理にしても、18時半には仕事は終わります。ただ、病院相手の業界なので、ときどき急患に伴う時間外労働がないことはないです。申告すれば、その労働に対して手当も支給されます。

というような毎日が大半ですが、ときどきあるイベント(いわゆるライブデモンストレーション)の日、6時に朝食を食べたあと病院に直行し、7時半から準備して9時にイベント開始、そのまま22時半まで飲まず食わず座らず、トイレに1回行った(小用)というような目に遭いました。というだけなら「ブラック」なんですが、同じ境遇に医者も同時進行で遭ってます。僕らは事実上「ただ見ているだけ」ですが、医者は患者さんの治療をしています。

というような目に遭って、「ブラック~」と訴えていう人が「甘えている」とか「もっと広い視点を持て」とか言ったりはしませんし、医師の給与は僕の倍以上だから少々過酷でもいいだろうとも言わないですが、僕が思ったのは「いくら給料がよくても、勉強もしなければならないし、夜勤もあれば時間外労働も多いし、だいたい他人の生命を直接左右するような仕事なんか、なんで好き好んでしているのだろう?」ということ。たぶん、ごく普通の感想だと思います。

毎日こんな調子だったらたまりませんが、学生時代にときどきバカしたみたいに、こんな日がときどきあっても、刺激があっていいかもと思いました。もうすぐ44歳だから、かなりつらいですけれども、それは日々の鍛錬が足りないのかもしれないし。

2017年2月 1日 (水)

PS3版ドラゴンクエストビルダーズのストーリーモード終了。

最後のりゅうおうも、やっぱりへなちょこでした。VITAであんなに苦労した過去が嘘のようです。といいつつ、うっかり「チャレンジ」未達のままりゅうおう戦に行ってしまい、「そういえばこの章は、りゅうおう戦の後そのままエンディングだったな」と思い出したときはりゅうおう戦後で、しょうがないからまたその日のうちにやり直して「チャレンジ」を終わらせてりゅうおう戦に行きました。それぐらい、へなちょこ。

あらためて見返すと、チャレンジのうち第一章の「20日以内クリア」を残していて、それもやっておこうかと思いましたが、さすがに自分自身が不気味になってやめました。「ほのおのつるぎ」はなくても全然かまわないし。

満を持してフリービルドモードを始めましたが、あるはずのところに「命のきのみ」がない。ランダムにフィールドは構築されるのですが、中央の岩山に木材と一緒に命のきのみ計4個と、近くの「城のかべの覆われた宝箱」がない。あるはずの場所をガンガン掘りまくっていると空洞にあるにはありましたが、あんなの外からじゃまったく判別不可能。どうも意地悪なマップに当たってしまったようです。とりあえず、無事11個全部回収できたから、次に材料集めに回ります。

フリービルドモードも4回目ぐらいなので、さっさと必要なもの(大倉庫・各種作業台)をつくり、景観重視で地下に工房を設置します。住民の宿舎は、今回岩山の中をくりぬくことにしました。これも景観を守るため。どうも拠点の畑のまわりの水の量が多いから、そういう系統の街づくりをしようかと思っていますが、さっさと全部埋めてしまって平野に大都市を作るかもしれません。

VITAと並行作業なので、ときどき頭の中が混乱しますが、あちらは工房と住居と温泉のほかには、まだお城とローラーコースターを作っただけ。そして、いらない石類はいつも消去していましたが、今回は探索が終わった洞窟を埋めて処理しています。一種のリサイクルではないかと自画自賛しています。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ