最近のトラックバック

« 携帯電話をスマートフォンにしました。 | トップページ | 「東京零年」で赤川次郎さんが第50回吉川栄治文学賞を受賞。 »

2016年3月 9日 (水)

昨年CM好感度ぶっちぎりNo.1のau三太郎CMを通して観てみました。

auでXperia Z5を買った記念に、三太郎CMを全部通して観てみました。そして、これは確かに秀逸というか好感度ぶっちぎりNo.1なのも納得だと思いました。ついでに、僕がついスマホ化してしまった遠因じゃないかとも思います。

このCMの前の好感度No.1は「白戸家」で、ちょっとだけ「携帯電話会社儲けすぎなんじゃないの?」と思ってしまいますが、白戸家がもう飽き飽きなのに加えて、いま出てる変な犬が、少なくとも犬嫌いの僕には火に油だし、やっぱりあの会社の電話はつながりにくい気がするから、そういうことの相乗効果と比べると、三太郎CMはシンプルで素直で観ていて受け入れやすい。

特に、普段のコミカルなのとは違うエモーショナル路線をときどき節目節目で流すのもうまいと思います。正月の「みんな英雄」なんて、一分間「何か別の話てんこ盛り過ぎない?」とツッコミながらも、歌のせいで何か心に響くじゃないですか。

« 携帯電話をスマートフォンにしました。 | トップページ | 「東京零年」で赤川次郎さんが第50回吉川栄治文学賞を受賞。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/63312116

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年CM好感度ぶっちぎりNo.1のau三太郎CMを通して観てみました。:

« 携帯電話をスマートフォンにしました。 | トップページ | 「東京零年」で赤川次郎さんが第50回吉川栄治文学賞を受賞。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ