最近のトラックバック

« とり釜めしの素(丸美屋) | トップページ | クロールと平泳ぎの悩み。 »

2015年9月22日 (火)

エンド・オブ・ホワイトハウス

血が出る映画はあまり好きではありませんが、毎日血だまりを見ている生活(医療関係の仕事だから)で免疫もでき、このごろはよっぽどバラバラになるとかでない限りは、まあまあ観ます。それに、新しい映画ほど、血は出るにしてもなんだかよくわからないようになっているし。

原題は”Olympus Has Fallen”。ホワイトハウスを指すセキュリティ上の言い換え「Olympus」が陥落したというぐらいの意味のようですが、日本人にわかりやすいように変えたら「エンド・オブ・ホワイトハウス」になったのでしょう。「エンド」じゃあとがないみたいなんですけど。

同じころの同じような映画「ホワイトハウス・ダウン」はまだ観ていませんが、どうしようもなく面白くないらしいのに比べると、この映画は大変面白いと思いました。本筋の進行じたい面白いのに加え、最初から最後まで「えらい都合がいいなあ」とか「そんなわけないでしょう?」とかという突っ込みどころ満載なのも楽しめます。

僕は吹き替えで見ましたが、原語版で韓国の人が”Sea of Japan(日本海)”と言うとかそういうお楽しみもあるそうです。そもそも平たく言えばこの映画はわかり易い国威掲揚というかプロパガンダ映画で、シンボリックにいったんボロボロにされた星条旗を最後に掲揚して終わるし、そういうこと。でも、それはそれで置いておくとして、「お楽しみ」として観ていて面白いと思えたから、それは価値あると思います。学校で教育目的に子どもにみせるのはどうかと思いますが、そもそもこんな大量虐殺シーン(機銃掃射された人々の描写に不自然さがあって、全くリアルではありません)や殺戮シーンのある映画を子どもにみせてはいけません。

« とり釜めしの素(丸美屋) | トップページ | クロールと平泳ぎの悩み。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/62328447

この記事へのトラックバック一覧です: エンド・オブ・ホワイトハウス:

« とり釜めしの素(丸美屋) | トップページ | クロールと平泳ぎの悩み。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ