最近のトラックバック

« CATEYE TL-AU165-MG | トップページ | メインクーン »

2015年1月22日 (木)

紅の流れ星

「フィルムノワール/黒色映片」を読んだので、「紅の流れ星」を観てみました。若い渡哲也が格好いい(1967年当時)映画。まったく現代的ではないので、少なくとも1970年台までの記憶がない人が観ても、5分だって我慢できないでしょう。

実は最後までまだ観ていない(21時になると寝ることにしているから)のですが、とにかく渡哲也が格好いい(当時)です。世の中の若い男女は、この渡哲也を見て痺れ過ぎてガタガタ震えたことでしょう。

この映画を観たことがある人が「フィルムノワール(以下略)」を読むと、とある登場人物が渡哲也顔になる(前に、表紙で「ハハーン」と気がつく?)ことでしょう。

宍戸錠が序盤、思わせぶりにちょこちょこ映るところは、大変面白いコントを見ているようでした。そんな人間がいたら、警戒しなきゃ。凄腕の殺し屋という設定らしいですが、まだ観ていないこのあと、あっけなく渡哲也に反撃されてお亡くなりになるそうです。

« CATEYE TL-AU165-MG | トップページ | メインクーン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/61008491

この記事へのトラックバック一覧です: 紅の流れ星:

« CATEYE TL-AU165-MG | トップページ | メインクーン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ