最近のトラックバック

« KX-PD603D(Panasonic) | トップページ | 家族で大阪から京都に行く。 »

2014年12月15日 (月)

晴れ、ときどき殺人

井筒和幸監督と松任谷正隆さんと渡辺典子さん目あてで、BSでやっていたから(新しいTVの録画機能を試す目的もあって)観てみました。原作は中学生のときに読んだ気がします。

全然映画としての面白さや満足度を期待せずに観ましたが、まあまあ。頭を空っぽにして、その瞬間瞬間を楽しめるタイプの映画だと思いました。少なくとも、退屈で眠くなるようなことはありません。

出演者がみんな若いので、当たり前ですが30年経っているからなあと思いました。僕が子どものころ(1980年ごろ)の30年前というと、敗戦から5年後ですから、全然違いすぎて時代の流れを感じられますが、1984年から30年後の2014年とでは、そんなに変わらない感じがするのは平和だということでしょうか。

« KX-PD603D(Panasonic) | トップページ | 家族で大阪から京都に行く。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/60793224

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ、ときどき殺人:

« KX-PD603D(Panasonic) | トップページ | 家族で大阪から京都に行く。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ