最近のトラックバック

« MTのリバースの位置 | トップページ | 他宗派の葬儀 »

2014年10月25日 (土)

クラウンのCM

ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)に「キセキ」や「あの素晴しい愛をもう一度」を歌わせているクラウンのCMがありますが、「何でクラウンのCMなんだ?」と思ってしまいます。クラウンはそういうキャラではなかったはず。と思ってしまう僕がもう老人なのでしょうか?

だいたいにおいて、このメーカーは何でもそうなんですが、やることなすこと「ヒッヒッヒ」と影でほくそ笑んでいるようなイヤらしさを感じさせるのですが、古くは日産サニー(清廉でまじめな小型車)にカローラ(豪華絢爛+100ccサニーより排気量が多かった)をぶつけ、ローレルにはコロナマークⅡ、スカイラインにチェイサー、グランツーリスモ(セドリックとグロリア)にはアスリート(クラウン)、後出しじゃんけんばかりしてます。そして、多くの場合すべて刈り取って自家薬籠中のものにしてしまいます。ポリシーもイデオロギーもないというより、それがポリシーみたいな。

「うちで何でも揃いますよ」という、自民党か百貨店かという姿勢は、大したものだと思いつつ、個人的には好きではありません。それに騙されたくないという感じ。クラウンは60年近い歴史があるブランドなのだから、もっと堂々としてほしいものです。わずか40年の歴史しかないVW GOLFがまったく揺るがないのと比べると、ゼロクラウンのときにドメスティックからインターナショナルへと路線変更したあたりから違和感があります。

« MTのリバースの位置 | トップページ | 他宗派の葬儀 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/60535053

この記事へのトラックバック一覧です: クラウンのCM:

« MTのリバースの位置 | トップページ | 他宗派の葬儀 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ