最近のトラックバック

« 星乃珈琲 | トップページ | バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 »

2014年3月13日 (木)

舞妓Haaaan!!!

今日と祇園の舞妓と野球拳がしたい会社員の映画。話の展開としてはくだらない映画なのですが、関西出身だけどほとんど関西方言を一般に披露していない出演人の、美しい関西方言を聞く楽しみを感じました。

一般に京阪式アクセントは、幼児期に習得していないと話せないそうですが、方言とはそもそもそういうものかもしれません。僕にとって東北や九州の人の話していることは、何度聞いてもやっぱりよくわかりません。ご本人は標準語を話しているつもりだったりするのですけど、「橋」「端」や「飴」「雨」みたいにまったく別個の固体のことは前後から推し量れるとして、「柿」「牡蠣」みたいにどちらも食べ物だったりすると、まったくわかりかねます。

そんなことはどうでもいいとして、だから正しくない京阪式アクセントを聞くとどうも違和感があって、せっかくの映画が面白くありません。他の方言の場合も、ネイティブの人は同じ感想を持つのでしょうが。

« 星乃珈琲 | トップページ | バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/59274032

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓Haaaan!!!:

« 星乃珈琲 | トップページ | バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ