最近のトラックバック

« ウルトラグラスコーティング施工3年後の感想。 | トップページ | 少年メリケンサック(映画) »

2014年1月 9日 (木)

クヒオ大佐(映画)

お正月でTVでやっていたので、録画して観ました。「アメリカ空軍パイロットで、カメハメハ大王やエリザベス女王の親戚」を名乗る実在の結婚詐欺師のお話で、堺雅人さんがつけ鼻をして演じています。

演じている堺雅人さんが「不思議な気持ちで演じていた」「出来上がった作品を見た今でも居心地が悪い」と自ら話す通り、あまりにリアリティがない話で、いかにそう演じるかに腐心した様子がありありとわかるというか、どうしてこれに騙される女性がいるのか、というより、実際に騙される女性の心理の考察というか推察というか観察に重点をおきたい映画だと思いました。では男性視点では理解不能で面白くないかといえば、単純におバカ映画としても観れなくはないから、男性も見てください。

個人的に心を打たれたのは、終盤にお弁当を食べるシーン。食べ方がとても清く美しい日本人の姿で、目を奪われました。その美しいシーンで盛り上げて締めくくるのかと思ったら、そのあと2~3波乱あるのですが。

個人的にあまりいい思い出がない松雪泰子さんが、なかなかよかったと思いました。不自然なことを自然にできるのも才能ですよね。不自然を不自然に演じた堺雅人さんよりレベルが上というか、それが女性というものなんでしょう。恐ろしい。

« ウルトラグラスコーティング施工3年後の感想。 | トップページ | 少年メリケンサック(映画) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/58905894

この記事へのトラックバック一覧です: クヒオ大佐(映画):

« ウルトラグラスコーティング施工3年後の感想。 | トップページ | 少年メリケンサック(映画) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ