最近のトラックバック

« ハリオ式水出しコーヒーポット | トップページ | 来年発売予定の軽オープンスポーツカー »

2013年5月28日 (火)

ミラーを拭く男

津川雅彦さんが関西弁を使うのを初めて見たことに感銘を受けたというより、自分も関西出身者ですが、関西弁の奥の深さをまざまざと見た気がしました。関西の人にしかその価値はわからないでしょうけれども。

関西弁というのが、日本語の中で最も後天的に習得すること難解であるということは、ある程度立証されていると思います(関東式というか標準語を話す人は、よっぽど音感にすぐれていいないかぎり京阪式アクセントを話せない)が、京都出身だという津川雅彦さんが関西弁を話せることは当然だとして、この人は(関西人にしか理解できないでしょうが)、この能力を最大限に生かすべきなのではないかと思いました。

失礼ながら、津川雅彦さんといえば、僕にとっては年甲斐もなく色気満開のエロおやじという印象でしたが、ただ関西弁を駆使して他に代え難い素晴らしい存在感を示した本作を観て、なーるほどねと納得しました。素晴らしい役者だと思います。

映画そのものは、いろいろ工夫していると思いますが、どうかな~?と言わざるを得ませんが、関西人として、関西弁を完璧に効果的に使って存在感を発揮する津川さんだけで、この映画の価値がある(関西人にしか理解できないにしても)と思いました。

似た話は、島田紳助監督作「風・スローダウン」にも言えるかもしれません。

« ハリオ式水出しコーヒーポット | トップページ | 来年発売予定の軽オープンスポーツカー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/57479617

この記事へのトラックバック一覧です: ミラーを拭く男:

« ハリオ式水出しコーヒーポット | トップページ | 来年発売予定の軽オープンスポーツカー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ