最近のトラックバック

« 本格科学冒険漫画 20世紀少年(浦沢直樹) | トップページ | MICHELIN ENERGY SAVERに変えてどうなったか。 »

2013年4月29日 (月)

本格科学冒険映画 20世紀少年

原作コミックスが面白かったので、全部で3部作の映画も観てみました(最終版だけまだです)。原作コミックとは少しずつ内容が違いますが、雰囲気は同じだという事前に得た情報のとおり、概ね原作同様の満足度だと思います。

内容そのものは、基本的にコミック通り。原作を映画化すると色々なエピソードが省略されるのも、しょうがないといえばしょうがないでしょう。何しろ全24巻を2時間×3本にするのですから。

キャストは、特に遠藤カンナと小泉響子が秀逸だと思いました。違和感が皆無で、コミックからそのまま出てきたような説得力を感じます。そして重要な脇役(オッチョ・ヨシツネ・マルオ・春波夫など)を定評ある人々(それぞれ豊川悦司・香川照之・石塚英彦・古田新太など)で固めたので、主役(つまり遠藤ケンジ=唐沢寿明)が「?(なんか違う)」なのを強力に支えております。あと、実年齢より上の役とはいえ、常盤貴子(瀬戸口雪路役)の老け(劣化)具合がなんとなく気になりました。

« 本格科学冒険漫画 20世紀少年(浦沢直樹) | トップページ | MICHELIN ENERGY SAVERに変えてどうなったか。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/57264918

この記事へのトラックバック一覧です: 本格科学冒険映画 20世紀少年:

« 本格科学冒険漫画 20世紀少年(浦沢直樹) | トップページ | MICHELIN ENERGY SAVERに変えてどうなったか。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ