最近のトラックバック

« FITの燃費 | トップページ | FIT RS(6MT)の12ヶ月点検 »

2011年12月 5日 (月)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

僕は小学生の時、バスかトラックの運転手になるのが夢でした。結局社会に出てまず(2トン車ですが)トラックの運転をすることになったので、夢を叶えていないわけではありません。

仕事ではありませんが、CIVICRSを所有するという憧れもありました。同じぐらい伝説的なBEATを所有しているものの、子供の時から「サンセットオレンジのCIVICRSに乗る」という夢は、それほど本気ではないにせよ、常に「機会さえあれば」ぐらいのつもりではいました。CIVICではありませんが、Hondaに{FITにオレンジ色のMTが追加されれば買うのに」とリクエストしていた責任もあって、FIT RSのサンセットオレンジⅡを買いました。FITは名前こそ[FIT」ですが、CIVICが正常進化したらこうなるという車なので、個人的には「CIVIC RSの最新型」のつもりです。まあこのへんはCIVICが本当に好きな人にしかわからない領域ですが。

幼少時代に身近なローカル鉄道の運転士に憧れながら、大学を出て就職後は都会で企業戦士として取締役目前までがんばりながら、忘れていた幼少時代の憧れを思い出し、憧れを実現する。そこに共感できる人は、この映画の前半までは面白いでしょうが、そのあとの様々なエピソードのおかげで、「憧れ」への共感がなかった(僕のような)人でも、後半まで見る気持ちが持続できます。普通に「夢を叶える」だけで終わらないところが上手いと思います。

« FITの燃費 | トップページ | FIT RS(6MT)の12ヶ月点検 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/53405877

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語:

« FITの燃費 | トップページ | FIT RS(6MT)の12ヶ月点検 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ