最近のトラックバック

« GT TRAFFIC2.0で2ヶ月経過。 | トップページ | わが家のおでん »

2011年11月 9日 (水)

おくりびと(映画)

公開から3年、TV(地上波)放送から2年が経って、やっと全部観ました。なかなか全部観ていないことから想像できる通り、あんまり好きな映画ではなかったです。たぶん、そういう趣旨で作ったからそうなっているのでしょうが、「綺麗過ぎ」てリアルな感じがあまりなく、だから説得力がありません。日本人の大まかな死生観のようなものを日本人以外(特に、宗教が違う西欧や中東などの人)に提示するツールにはなるかもしれません。

出演者については、山﨑努さんだけよかったと思います。笹野高史さんはまあまあ。あとはあんまりですねえ。現実味と説得力がありませんから、違和感が先立って心に響きません。

だからといって、リアルな描写があるとこの映画(ストーリー)はあまり成り立ちにくいと思うので、それでいいのです。ディズニー・ハリウッド映画みたいなものです。ファンタジー映画です。特に子どもや若者には、リアルな現実のお勉強(ご親族の葬儀の際か単に想像するだけでも結構)をしていただきたいので、観ないほうがいい映画かもしれないです。

« GT TRAFFIC2.0で2ヶ月経過。 | トップページ | わが家のおでん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/53200147

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと(映画):

« GT TRAFFIC2.0で2ヶ月経過。 | トップページ | わが家のおでん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ