最近のトラックバック

« フィットの動力性能は優秀 | トップページ | 野球観戦(2011年) »

2011年5月30日 (月)

この胸いっぱいの愛を

2年以上も前に録画したまま観ていなかった映画のうちの1つ。普通ならそのまま消去してしまうのでしょうが、何かしら興味を持ったから録画したわけで、そのキーワードが「門司」だったことは覚えていたので、消さずに残っていたものです。

北九州へ行く飛行機の機内のシーンから、門司(たぶん)の食堂で読んでいる新聞の日付が20年前だと気付くシーンを経て、子供のころ預けられていた祖母の家(旅館)に住み着くあたりの展開が眠く、だからついそのあたりで観るのをやめてしまうわけですが、その後はなかなか面白く、鑑賞後は「なかなかの映画じゃないか」という感想を持てますした。特に、物語の複雑さというか、奥行きがある部分(おおむね映画というものは単純明快で一面的なストーリーがつきもの)と、必ずしもハッピーエンドと言い切れないところが、混沌とした現代的なもので印象に残りました。

ところどころで北九州市の風景が出ますが、北九州市が第2の故郷である僕には、それも良かった。細かい部分を言えば、おかしなところ(設定や考証など。例えば、門司の人は若松になんか行かない。海岸なら行橋か下関に行くはず。って、映像を見た地元の人にしかわからないんですけど。ただ、航空機が墜落するなら、新空港のない当時は玄界灘~自衛隊機と衝突とか~だという点は正しい)もあるのですが、そんなものがどうでもよくなる映画だと思います。原作はまた違った良さがあるということなので、ぜひ読んでみたくなりました。

« フィットの動力性能は優秀 | トップページ | 野球観戦(2011年) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/51787526

この記事へのトラックバック一覧です: この胸いっぱいの愛を:

» 2011年新作浴衣の満足度ランキング [2011年 新作浴衣 クチコミ人気ランキング]
2011最新作の浴衣をクチコミでの評価の高い順に人気ランキングを作成しました。 今年の浴衣選びの参考になれば幸いです。 [続きを読む]

« フィットの動力性能は優秀 | トップページ | 野球観戦(2011年) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ