最近のトラックバック

« FIT RS(6MT)で名阪国道を走りました。 | トップページ | マンハッタンバーガー »

2011年3月 1日 (火)

新幹線大爆破

1975年公開の東映製作の映画。以前から観たいと思っていましたが、TVでやっていたので(録画してから)観ました。

結論からいうと、あんまり面白くなかったです。2011年に観ると古臭いだけでノスタルジーがあるわけでなく、1970年代という時代背景のせいか陰鬱で、しかもなんとなくアメリカンニューシネマっぽい(強者に弱者が敵わず最後に命を失う)けど、日本人が作ったからかスカッとしない感じ。「滅びの美学」は日本人の専売特許で、その代表が忠臣蔵だと思いますが、アメリカンニューシネマには忠臣蔵と同じようなスカッとした諦めにも似た喪失感があるのに、この映画はただ「えげつなさ」があって重いだけ。ヤクザ映画の役者のせいでしょうか?

« FIT RS(6MT)で名阪国道を走りました。 | トップページ | マンハッタンバーガー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/50973050

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線大爆破:

« FIT RS(6MT)で名阪国道を走りました。 | トップページ | マンハッタンバーガー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ