最近のトラックバック

« 桃山学院高校・名門 | トップページ | ブータン »

2009年5月21日 (木)

アヒルと鴨のコインロッカー

たいへん面白い映画でした。原作を読んでないので、いわゆるネタバレ部分の知識がないまま見ましたが、1回見たあとで最初からまた見直してもまた面白いので、よくできた映画だと思います。原作を読んでみたくなりました。

最後があんまり好きな感じではありませんが、まあそれも首尾一貫したテーマに沿えばそうなるのだろうから、しょうがないでしょう。そこを変えると(表現しないというのもありだと思う)、主張がおかしくなるかもしれません。

見ようと思ったきっかけは、関めぐみ出演だったからなんですが、あんまりいい役じゃなかったからかわいそうでした。というか、この映画の登場人物で、「いい役」というか、いい結末の人が誰もいないですね。悪くない結末は、ペットショップ店長ぐらい?

ボブ・ディランの「風に吹かれて」は、いまさら僕が言うまでもない名曲ですが、この映画の内容との関連付けには今しばらくの猶予が必要な感じです。単純に声が「神」で、調子が映画の雰囲気に合っていただった、ではないと仮定するなら。最後の“pretending he just doesn't see(見ていないフリをする)”はわかりやすいフレーズなんですけど、これは“how many times can a man turn his head,(いつまで顔を背けりゃいいの?)”の続きだから、ちょっと違うと思います。

« 桃山学院高校・名門 | トップページ | ブータン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/45052987

この記事へのトラックバック一覧です: アヒルと鴨のコインロッカー:

» 犬の名前人気ランキング|犬の名づけ完全ガイド [犬の名前人気ランキング|犬の名づけ完全ガイド]
愛犬名付けアドバイザーが、名付けのノウハウとポイントを紹介しています [続きを読む]

« 桃山学院高校・名門 | トップページ | ブータン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ