最近のトラックバック

« 山陽自動車道 | トップページ | 千日前焼肉工房あぶりや »

2008年9月 2日 (火)

君がいた夏

4_21909 マーク・ハーモンとジョディ・フォスター出演の映画。プロ野球選手として落ちぶれ引退を決意したビリー(マーク)に、年上で初恋相手である従兄弟のケイティ(ジョディー)が亡くなった(自殺した)という知らせがあり、彼女との思い出の地を彼女の車に乗って巡りながら、「遺灰はビリーに任せる」という遺言に従い、海に遺灰を撒くという話。

配偶者はこの映画を見ながら「恥ずかしくて見ていられない」と言いましたが、確かに数ある青春映画の中でも、見ていてとびっきり恥ずかしくなる類の映画でしょう。でも僕はモジモジ身悶えしながら見るのが好きなので、かなり好きな映画です。この映画で野球は大切な意味を持っていますが、僕は野球も好きなので、それもあります。個人的には流れている音楽も恥ずかしさ倍増(つまり効果的)で好きです。

邦題こそ「君がいた夏」という、やや陳腐で感傷的なものですが、原題は“Stealing Home”。野球用語でホームベースに盗塁する「ホームスチール」のことです。「ホーム(故郷)に帰る(戻る)」という意味もあります。この「ホームスチール」が映画全体を貫く1つの骨格となっています。とにかく何か心に響くというか感動のある映画なんですよね。しっかりした骨格がありながら演出が自然な感じがいいんでしょうね。レンタル店などでパッケージを見てもあまり引き込まれたりしないだろうし、「時間潰しに」と思って借りて「結構よかったじゃん」と思っていたのが、だんだん時間が経つにつれ忘れられなくなって廉売DVDを購入する、そんな映画です。

« 山陽自動車道 | トップページ | 千日前焼肉工房あぶりや »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
昨日20年ぶりに観かえして
やっぱりいい映画だなぁと余韻に浸って
います(・∀・)イイ!

当時は原題に込められた意味に気付かず
どちらかと言うと、なつかしいオールディーズやテーマ曲が好きで
繰り返し観ていました。

しかし20年の歳月は私を大人にし
再生のストーリーを読み取ることができ
再度感動し大好きになりました。
廉価版を買い!に走りますrun

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221887/42280333

この記事へのトラックバック一覧です: 君がいた夏:

« 山陽自動車道 | トップページ | 千日前焼肉工房あぶりや »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ