最近のトラックバック

2017年9月23日 (土)

皆月(映画)

「みんな月でした。がまんの限界です。さようなら」という置き手紙を残して、全財産(少なくとも貯金2,000万円)を持って妻(荻野目慶子)に出て行かれたさえない中年男(奥田瑛二)のところに、妻の弟(北村一輝)がやってきて、義弟に何かと世話になりつつ、妻からお金を取り返すために追跡するという映画。

義弟は暴力団員にもなれない半端なチンピラですが、なぜか「兄貴」と優しく面倒を見てくれます。世話になる一環で、ソープランドに行って、そこのサービス嬢(吉本多香美)と同棲することになり、ウルトラの娘も後半の旅に同行します。そもそも同棲することになった理由は、奥田瑛二の退職金目当てなんですが、セックスの相性も良かったらしいです。親切な義弟も、どうもお金が目当てらしいことが後半明らかになります。

実は妻は義弟が出入りする暴力団の若者と逃げていて、後半荻野目慶子がいっぱい登場しますが、やっぱりこの人は好きじゃないなと思いました。この映画は全体的によく出来ていると思いましたが、荻野目慶子だけ違和感たっぷりでした。

ウルトラの娘は、何だか下品な役(口汚い台詞やしぐさ)を演じていましたが、お父さんもハヤタ隊員以外は悪役ばっかりだったし、だからでしょうか、なかなか上手いと思いました。

2017年9月22日 (金)

忘れないと誓ったぼくがいた(映画)

「数時間すると他人に存在を忘れられる」というありえない設定を受け入れるなら、早見あかりがそういう気の毒な高校生としてなかなかはまり役でした。この設定をありえる何か、例えば映画の中でも示唆されていますが、認知症みたいなものに置き換えてみれば、なおさらこの映画に共感できると思います。というか、認知症にした時点で「明日の記憶(荻原浩)」になっちゃうのですが。

早見あかりのことを覚えていようと必死な男の子の努力は、なかなか感動的ではありますが、現実的に僕ならモーションかけてくる大沢ひかるのほうが好みなので、そっちに行きます。ゲーム「ときめきメモリアル」で、圧倒的に清川さん派だった僕は、短髪で背が高くて美男子っぽいなんて、完全ドストライク。

久しぶりに「ちはる」さんをみて、別にこの人は好きじゃないけど、元気にまだ頑張っているんだなと思いました。

2017年9月21日 (木)

ポテロング クレイジーソルト味(森永製菓)

昨年4月のポップコーン(フリトレー)、今年3月のポテトチップス(山芳製菓)とクレイジーソルト味のお菓子を売っていると必ず買っていますが、大和郡山の某スーパーでポテロングを売っていたので買いました。

うちの子どもたちというか長男は、すっかりクレイジーソルト味にはまってしまい、もともとサラダスパイス(セロリ味の粉)を野菜になら何にでもかけていた人だから、お菓子にもかけ始めるほどでした。

そんなわけで、買ってきてテーブルの上に置いてお風呂を洗って戻ってきてみると、次男と二人で全部食べてしまっていました。こういう美味しそうで目新しいお菓子を少し残しておかないと機嫌を悪くする配偶者(子どもたちの母親)のことを忘れて全部食べてしまうぐらい、よっぽど美味しかったようです。

その後近所で探していますが、ちっとも売っていません。また大和郡山までわざわざ行くのが面倒なので、近隣の系列店に行こうと思いながら、もうずいぶん経ってしまいました。

2017年9月20日 (水)

完全なる飼育(映画)

「監禁された女子と犯人のあいだに愛が芽ばえる」人気映画シリーズの記念すべき第一作目を、二十年近く経ってから初めて観ました。果たしてそんなことが現実にありえるのだろうか? と思いますが、ある種の催眠術というかマインドコントロールでもすればありえるとは思います。ただし、映画ではそういう「術」や「技」は使っていないみたいだから、単純に男性の妄想的願望のまま、何だかよくわからないけど小島聖が竹中直人を受け入れます。

個人的に小島聖みたいな、アメリカの砂糖菓子っぽい(チェリー味のコットンキャンデーとか)お顔立ちの人に、これまでの人生で男女問わずいい思い出がないのですが、なかなかいい芝居をされる人だなと感心しました。22歳で18歳の女子高生を演じているわけですが、服を着ていると18歳に見えます。服を脱ぐと、ちょっと重力の影響を受け始めている感がありますが、それはそれでエロいからこの映画を観る人には問題ないのでしょう。

竹中直人は前張りなし(小島聖はあり)で頑張ったそうですが、あってもなくても見た目にはよくわかりません。演じる側の気分の問題か、大きくなったものがキリキリ締め付けられて痛いからとかということかもしれません。とにかく、股間はほとんど映らないというか、不自然なくらい何らかの布地で隠されます。体位が移る場面で、竹中直人はわざわざそこにある布地を手にとって股間にまとわせます(まるで公衆風呂に入るおっさんがタオルを巻く~一応それが入浴エチケットということになっている~のように)。AVじゃないんだぞ、という監督のプライドでしょうか。

誘拐犯罪をけん制するため、最後に教育的場面が繰り返されますが、大変効果的だと思いました。発表当時はダメだったでしょうが、いまなら若干の編集を加えて学校の授業で見せてもいいんじゃないかと思います。

2017年9月19日 (火)

たみおのしあわせ(映画)

何という酷い話だと思いました。母がいなくて父(原田芳雄)と二人暮らしの男(オダギリジョー)が、何とか結婚してほしい父にお見合いさせられ、断りまくっていたのですが、麻生久美子とは上手くいきそうになって、結婚式までたどり着くけど、父と二人で式場から逃げるという、何かどっかで聞いたことがあるような話。

その他パロディーっぽい内容もあり、忌野清志郎も出てきて変なシーンがあるし、要するにコメディーな映画です。ただし、大筋において笑えないというか、最後結婚式場から父と二人逃げてたどり着いた畑で亡き母の亡霊を追う(心中を想起させる)のですが、ラスト文字だけで「そしてまた夏が来た」で終わるところが無茶苦茶。暴走映画といってもいいでしょう。

結婚式で父子が逃げる直前、子のほうの理由はまあファザコンマザコンでいいとして、父がみるみる脂汗まみれになるところが個人的には一番面白かったです。

«天使の恋(映画)

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ