最近のトラックバック

2017年11月23日 (木)

新名神高速道路の城陽~八幡京田辺を走りました。

今年の4月30日に開通した新名神高速道路の八幡京田辺J.C.T.から城陽I.C.まで走ってみました。Googleマップでの実測値で5km(分岐から出口まで)ほどなので、わざわざ走ってみるまでもないのですが、ガソリンを入れに行ったあとで道を間違えたので、ついでに話の種にと思って。

実は夏ごろも走ってみようと思ったのですが、料金ゲートの向こう側で厳重に区分されているため、左端のゲートをくぐらないと入れなくなっていて失敗した(結局名古屋まで走って行った)経験を踏まえ、まちがいなく左端のゲートをくぐりました。ETC料金表示が「0円」だったので、これはもしかしたら無料なのか? と期待しましたが、しっかり出口で730円取られました。あとから調べると、第二京阪が交野北から京田辺松井まで450円だから、新名神が280円ということです。ちなみに八幡京田辺から城陽で利用すると270円。ETCを使わない現金利用でも同じ(第二京阪から乗継で現金だと交野北から城陽まで800円だから、新名神分は300円)。

木津川を渡るだけの用途は考えにくいから、正しい使いかたは京都と奈良をスムーズに移動したい人が使う道路ぐらいしか思いつきません。でも、本当に正しい京都と奈良の移動方法は、近鉄電車だと思います。というか、奈良と京都の両方に行くというのが、我々関西人にはあまりない発想ではあります。博多と小倉の両方に行くとか、川崎と横浜の両方に行くに匹敵するぐらい。

2017年11月22日 (水)

鍵泥棒のメソッド(映画)

何をやっても全然ダメでどうしようもないから首を吊ろうとした売れない役者(堺雅人)が、首すら吊れない(失敗する)で、空っぽの財布にあった銭湯のタダ券を持って銭湯に行くと、羽振りの良さそうな男(香川照之)が目の前で転倒して気を失ってロッカーの鍵を落としたので、ハッと思いたって自分の鍵とすり替えたことに始まる物語。

冒頭に開陳されていますが、香川さんが銭湯に来た理由は、殺人をしたときに浴びた返り血を洗おうと思ったのでした。堺さんは香川さんのロッカーの中のものを自分のものにし、車の鍵(リモコン)を操作すると立派な外車(といってもクライスラー300ですが)で香川の家に行くと高級そうなマンションで、クローゼットを開くと「役者か?」と思うようなさまざまな衣装に小道具があります。クッキーの缶の中には丸めた札束が。

その後いろいろあって、最後まで楽しく観ることができました。最近あまり見かけない広末涼子が出てますが、こうやって演技している姿を観るといい人そうなんだけどな、とご本人のお人柄のことがどうしても気になってしまうのでした。

個人的には、ダメ男の堺さんのダメさ加減と、完璧な香川さんの完璧さ加減がとても勉強になりました。本当に、世の中ダメ男がいっぱいいますが、こういう映画を観てよく学んで欲しい。成果は、(有効な)努力なくしてはついてこないのです。

2017年11月21日 (火)

海街diary(映画)

鎌倉で暮らす三姉妹に、腹違いの妹が加わって四姉妹の生活が始まるとういうような話。「箱入り息子の恋」や「うた魂」の夏帆さんが三女役をしているので観ました。長女が綾瀬はるかで次女が長澤まさみ、そして四女が広瀬すずです。

夏帆さん目当てでしたが、この映画は完全に主役がすずちゃん(役名)でした。しかも、他の3人を足してもおっつかないぐらい、1人だけ目を惹く明らかな可愛さ。夏帆さんが平岩紙ちゃんに見えてきました(魚みたいな面白い顔という意味)。

原作が女性向けマンガだから、あんまり男が観て面白い話ではないですが、是枝裕和監督なので、観ていて苦痛ではないし、眠くもなりません。観て「損した」と思うようなことがない、いまどき珍しい映画でした。

2017年11月20日 (月)

熊野市・紀宝町からの復路は有料道路を使いました。

熊野市・紀宝町からの帰り道も、山道を走って帰るつもりだったのですが、国道42号から309号への交差点を曲がり損ねて尾鷲まで行ってしまいました。地図上では国道425号経由で本来のルートに戻れなくはないですが、往路もそうでしたが、2週続きの台風で通行止めになっているので無理。また熊野の分岐まで戻ると帰宅が大幅に遅れるので、勢和多気まで紀勢道は無料だし、伊勢道で亀山まで行って名阪国道で帰るという作戦(通行料金は1,500円ぐらい)にしました。

NAVIがないとこういうことになります。正確に言うと、スマートホンのNAVIを使っていましたが、これがまったく役に立たなかったということ。街中では使えるのですが、山道ではまったく役に立たない(電波状況が良好=通信できないとダメらしい)ことが今回判明しました。今度買う車にも、ちゃんとNAVIをつけないとダメですね。

地図で見るととんでもない遠回りをすることになるのですが、14時に尾鷲を出発して、17時半には大阪に戻れました。天理には16時には着いていたはず(針で奈良公園方面に北西進した)なので、奈良市内に1時間ぐらいいた(大渋滞して30分ぐらいロスした)本当は3時間ほどしかかかっていないことになります。普段80km/hしか出さないBEATに鞭打って100km/hで走ったとはいえ、有料道路を使うと早いですね。

2017年11月19日 (日)

鬼ヶ城(熊野市)とウミガメ公園(紀宝町)に行きました。

昨年の9月に那智の瀧に行こうと思って、降雨のため断念したときに、同じ理由(降雨)で省略したのが「道の駅 ウミガメ公園」でウミガメプールを見学することでした。それと、途中で気になった「鬼ヶ城」も、このところ休日は家で映画を観ているか本を読むか昼寝をするかだったことを反省し(台風が多かったというのと病気だったこともあり)、ついでに見ておこうと思って行ってみました。

あまりBEATで遠くに行きたくはない(快適性の問題ではなく、大切に乗りたいから)のですが、家庭の事情(家族の都合)でFITは置いておかねばならないので、BEATで出かけました。高速道路をふんだんに使う(4,000円ぐらいかかる)と3時間半ぐらいらしいですが、山道を走っても4時間少々みたいだから、今回も山道を走りました。

鬼ヶ城は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部らしいですが、間違いとは言いませんが、正しいかどうかは微妙なところ。普通に日本国指定の「名勝」でいいじゃないかと思うのですが。志摩半島から続くリアス式海岸の南端部にあたり、ここを最後に南側が新宮まで砂浜(ウミガメが産卵に来る)になるという場所になります。なぜか、「南紀熊野ジオパーク」には含まれていません。

無料駐車場に停め、入場料もないとは奇怪なと思いつつ、奇岩に沿って遊歩道へ。全部通り抜けると40分(往復80分)とのことで、時間の都合で東側の1割ぐらいを見ただけで次の目的地「ウミガメ公園」へ行きました。ここも基本無料ですが、募金箱と「ウミガメのエサ200円」で収入を補っているようです。プールを覗き込むと、カメさんたちが公園の錦鯉のようにわらわら集まってきて「エサくれ」と訴えかけます。鯉はあつかましい感じがしますが、カメは「カメさんスマイル」だから実にかわいらしい。

お土産は、前回と同じ「那智黒(黒飴)」と「やたがらすのおやつ」というチョコクッキーにしました。マグロとか鯨とか魚介を買おうと思ったのですが、帰り道で腐らせてしまいそうな気がして断念。魚介などは泊りがけで来て、夕食に食べるというのが正解でしょう。

«009ノ1(映画)

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ